PVアクセスランキング にほんブログ村

ビアンキ完成車に付属する謎のパーツブランドVELOMANN、重い?

2022年モデルのビアンキ完成車には、謎のパーツブランドVELOMANNのものがてんこ盛りされてます。
前から気になって調べていたのですが、ビアンキ本国ページにはVELOMANNへのリンクがあるものの、詳細な情報はありません。

読者様から、実測重量を頂きました。

VELOMANNの重量


読者様のバイクは、ビアンキのスプリント、サイズ50。
スペック表を見ると、以下のようになっています。

ステムVELOMANN ALLOY 6061, RISE +/ – 7°, HEIGHT 38MM, OVERSIZE, 1.1/8″, EXT: 70MM-44CM, 90MM-47/50CM, 100MM-53CM, 110MM-55/57CM
ハンドルVELOMANN COMPACT, FLAT TOP, ALLOY 6061 DIAM. 31,8MM, REACH 80MM, DROP 130MM, SIZE: 400MM-44/53CM, 420MM-55/57CM
シートポストVELOMANN ALLOY SHAFT AL6061, ALLOY HEAD, 15MM OFFSET, 27,2MM, LENGTH: 300MM-44CM, 350MM-47/57CM

読者様の実測重量はこちら。

ステム(90mm)130g
ハンドル(400mm)326g
シートポスト(350mm)314g

完成車に付属するパーツは、よほどの高級車以外は似たり寄ったりな気がします。
基本的な概念は、安い、重い、頑丈。
三拍子揃った逸材というわけではなくて、とりあえず自転車として乗れる状態にするために、頑張って安いパーツを探しました!みたいなのがお決まりコース。

特に完成車価格が30万以下だと、ステム、ハンドル、シートポストの三点にお金を掛けている完成車はほぼなくて、安い、重い、頑丈の三拍子を重視した構成になります。

ただまあ、普通に使う分には困ることはありませんし、質が悪いわけではありません。
上を見たらキリがないですから。

読者様
読者様
ビアンキ イントレピダのものはFSA Bianchi Reparto Corse でしたが、ほぼ同じか、それよりちょっと重いかなといったところです。

Deda ZERO 100に変えたところ、全部で140g程度軽くなりました。(ステムはZERO2で重さ変わらず。)
Deda ZERO 2だとそれほど変わらないかもしれません。

重量だけが全てではありませんが、そんなに悪いものでは無いかなと。

ちなみに私のスプリントは50サイズですが、ホイールをゾンダ、サドルをSelle Italia、クランク、ブレーキをR7000、シートポスト、ハンドル、ステムをDedaに変えたところ、7.85kg(ペダル、ボトルゲージ含む)になりました。
効果が大きい順は、ホイール、クランク、サドル、ハンドル、シートポストでした。

重量比較の参考までに

軽量ステムを使う私が断言しますが、ステムが40g軽くなったところで走りが軽くなるわけもなく、気持ちの高揚感が凄いわけもなく、気分的に違う程度の話です。
まあ、軽量化は全体的にちょこちょこして達成するわけなので、そういう意味ではステムが軽くなることにも意味はありますけど。

軽量化は漢のロマンであり、ロードバイクなんて趣味なので自己満足度を高める作業なわけですが、完成車付属のパーツは重量が公開されてないことも多いです。
軽量化したい人の、参考までにどうぞ。