【2018年モデル】GIOS CANTARE CLARIS(カンターレ クラリス)。アルミフレームのフラットバーロード。

ジオスというと伝統的にジオスブルーが有名です。
そしてジオスというと、真っ先に頭に浮かぶのはミストラルのほうだと思いますが、ミストラルからちょこっとだけ予算を上げると上質なフラットバーロードが手に入ります。



それがジオスのカンターレ クラリスです。

GIOS CANTARE CLARIS(カンターレクラリス)


GIOS(ジオス) 2018年モデル CANTARE CLARIS (カンターレクラリス)[フラットバーロード][ロードバイク・ロードレーサー]
blank

このバイクの特徴ですが、アルミフレーム&アルミフォークという基本線に、ロードコンポであるクラリスを搭載してきている点でしょうか。
それでいて実売価格で7万以下なので、なかなかお買い得です。

フレームカラーは二つあり、伝統的なジオスブルーのほか、ブラックカラーもあります。
あと販売サイトを見る限り、ホワイトカラーもあるようです。
blank

こちらはカンターレのソラ完成車ですが、ホワイトカラーもカッコいいですよね。
blank
【P最大20倍+クーポン配布中(1/11 2時まで】2018モデルGIOS(ジオス)CANTARE SORA(カンターレソラ)アルミクロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】
blank

カンターレソラではクラリス完成車と違いフォークがカーボンになっています。
アルミフォークだとどうしても前方からの突き上げが大きくなってしまいますが、ソラ完成車では乗り心地も考えてカーボンフォークにして、クラリスモデルと差別化している模様。

クラリスモデルのスペックです。

フレーム アルミ
フォーク アルミ
シフター SHIMANO SL-R2000
クランク FC-RS200 50/34T
BB BB-RS500
FD クラリス
RD クラリス
スプロケ シマノ 11-30T
ブレーキ テクトロ R340
ホイール シマノ WH-R501
タイヤ ヴィットリア ザフィーロ 25c
重量 9.7キロ
定価 72,000円(税別)

ドライブラインはシマノクラリスでしっかり固めてきているようです。
blank
クランクはRS200を採用。
4アームのクラリスのクランクではありません。
ちょっとカタログ表記で疑問があるのですが、RS200クランクだと対応するBBはホローテック2タイプ(RS500)ではなく、オクタリンクだったはず。
画像でついているクランクは間違いなく5アームなので、BBはカタログスペックとは違うかもしれません。

blank
シマノ完組のR501を採用してくるのは、ミストラルと同じですね。
決して高性能なホイールではありませんが、この価格帯のクロスバイクやフラットバーロードについてくるホイールとしてはかなりよいです。
実売で前後合わせて1万ちょいするホイールですし。

blank
ミストラルに比べると、ダウンチューブが太いような??
やはりスピード重視のフラットバーロードとして、パワー伝達を重視したのでしょうか。

価格も実売で6万円台に収まっていて、重量も9.7キロと優秀。

GIOS CANTARE SORA(カンターレ ソラ)

blank
GIOS ジオス 2018 CANTARE SORA カンターレ ソラ ジオスブルー
blank

こちらのモデルとクラリス完成車の違いですが、こちらではカーボンフォークを使っていることやコンポがソラ(2×9)となっているのが違いとなります。
重量は9.5キロ。

走行性能としてはやはりソラモデルではフォークがカーボンであることが効いていると思いますね。
25cくらいのタイヤだと、アルミフォークだとちょっと振動がきつくなる場合もあります。
まあ、振動自体はグリップを変えたり、タイヤ幅を変えたりするとある程度はコントロールできますので、カンターレクラリスというモデルは価格から見たらお買い得な感じです。

ジオスブルーってカッコいいですよね。
blankblank

ミストラルもジオスブルーですが、ミストラルの惜しい点はハンドルなどのパーツ類がシルバーなことでしょうか。
こちらは定番のミストラルです。
blank
ジオス ミストラル 2018年モデル
blank

2018年モデルで登場したモデルに、ミストラルのクロモリフレームがありますが、こちらはブラックパーツを使用。
blank
GIOS(ジオス) 2018年モデル MISTRAL CHROMOLY / ミストラル クロモリ【クロスバイク】
blank
ブラックパーツを使うだけでジオスブルーが一気に映える気がします。

ブラックカラーも最近見かけますよね。
blankblank

ジオス=ミストラルという図式がもはや出来つつありますが、ここで一発カンターレという選択肢も面白いかもしれませんね。
フレームのジオメトリも、カンターレではロードバイクに近いのでスピード感を味わえる一台でしょう。