真夏に最も涼しいのは、長袖ジャージである。ロードバイク乗りの熱中症対策。

近年、真夏に熱中症でお亡くなりになる方もいるほど猛暑が続いていますが、何度も記事で書いていますが、私自身、ここ2年くらいは真夏でも長袖ジャージにしています。
人一倍汗っかきですし、暑いのは大嫌いですが、あえての長袖ジャージです。



長袖にした理由

元々は多くのサイクリストと同様に、真夏は半袖ジャージでした。
ただ、前から気になっていたことがありまして、半袖ジャージで一日走り回ってきた夜は、身体が火照って寝れないということが多々ありました。
日焼けしすぎて、身体が熱を吸収している感じです。

もちろん、日焼け止めも使ってますが、汗っかきな人ほど、汗で流れて意味を成してない気がします。

ずいぶん前から時々見る女性サイクリストで、真夏でも長袖、フェイスマスクみたいなのを使っている方をよく見かけていました。
女性の場合、仕事の都合上などで日焼けすると困るという人もいます。
なのでそういう事情で日焼けしたくないんだろうなと思って見ていましたが、当時の私からすると、【クソ暑い中、あの格好は暑いだろ】くらいにしか思っていませんでした。

で、とにかく日焼けで身体が火照って寝れないことが多くなってきて、一度博打で、真夏でも長袖ジャージで出かけてみようと思い立ったわけです。
万が一のことも考えて、半袖ジャージも持って行ってましたが。

長袖のほうが涼しくね?

長袖ジャージといっても、真冬とかに使う厚手のものではなくて、春秋用の薄手のものです。
真夏のクソ暑い日に長袖ジャージで100キロくらい走ってみて、とりあえずわかったのは、長袖だからといってクソ暑いというわけでもないということでした。

乗っているときはさほど半袖ジャージとの違いは感じなかったのですが、明確に言えることは日焼けしない分、家に帰ってきてからが涼しいということです。
日焼けすると熱を吸収しているというか、夜に火照って寝れなかったので。

何度か真夏でも長袖ジャージを試しているときに気が付いたのですが、真夏なのでかなり汗をかきます。
汗をジャージが吸うわけですが、半袖の場合、腕などはむき出しですので、汗は流れていくだけです。
長袖の場合、腕などもジャージが覆っていて汗を吸いますので、風を浴びれば気化熱の応用で涼しく感じるんですね。

これに気が付いてからは、真夏でも長袖ジャージです。
もちろん下も、ロングパンツです。
見た目はクソ暑苦しく見えるのですが、中身は涼しいということになるので、熱中症対策としても有効です。

ただし・・・

ごくたまにですが、湿度がいつもより高い日だと、長袖ジャージだと蒸し風呂みたいに感じてしまうこともありました。
あと、異常なレベルで発汗したときに、汗冷えでヒヤッとすることもありましたが、さほど気にしなくても良さそうなレベルだった漢字はあります。

最近ですが、半袖ジャージ+おたふく手袋のインナー(長袖)という組み合わせにしている方の話も聞きました。

結構ピタッとした感じなので、ロードバイクで乗ってもバタバタしないようです。
この方は異常なレベルの汗っかきを自認しているようで、念のためもう一枚、同じインナーを持っていくそうです。
着替えることはほぼないそうですが、念のためという話でした。

それと定番のHALOのヘッドバンドですね。
Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド) Halo II (ヘイロ II) プルオーバー (ヘッドバンドタイプ) [バンド幅 約5cm] [フリーサイズ] ブラック H0002BL ブラック

汗が目に垂れないので、オススメです。
私はこの一年間、通年でこれを使いました。

HALOのヘッドバンドを実走で使ってみたら、最強だった件。【インプレ】

さらに言うと、私は昨年から、真夏でも花粉症用のナルーマスクも使ってます。
花粉対策と言うよりも、喉がイガイガするのの対策なんですが、顔面の日焼け対策でもあります。

【インプレ】ナルーマスクを試してみた。花粉をシャットアウトするというスポーツマスクの実力は?呼吸は楽??

私が使っているナルーマスクは、F5sという花粉除去率が高いマスクですが、ニット系の素材なので、真夏に使うと呼気のナマ温さもあってか、そこそこ顔面が気持ち悪いので、夏用は別に買ったほうがいいかもと思ってます。
夏用なら、N1sのほうがよさそうかも。

真夏に長袖ジャージで、顔面まで覆って暑苦しそう・・・に見えるかもしれませんが、周りからはそう見えても、実態は涼しかったりします。
最近の夏の暑さは異常ですので、今までの常識では通用しないほど、熱中症対策が重要になってくると思います。

最近使っているのはこんな安物ジャージですが、なかなか使い勝手としては悪くないものです。