チェーンが汚れたくない人向けのオイル。フィニッシュラインのセラミック ワックス ルーブ。

基本、どんなオイルを使ってもチェーンの汚れを100パーセント防ぐことはできませんが、異常なくらい汚れにくいチェーンオイルは存在します。
それがフィニッシュラインのセラミック ワックス ルーブです。




以前はよく使っていましたが、今は使っていません。
これ、非常に使い方が難しいです。
そんなセラミックワックスルーブの使い方を解説します。

セラミック ワックス ルーブの特徴

普通、オイルによりチェーンの潤滑をしますが、これはオイルではなくワックス系です。
チェーンにワックスの薄い皮膜を形成してチェーンの潤滑をするというものです。

似たような商品にセラミック ウェット ルーブがありますが、これは全く別物なのでご注意を。

FINISH LINE(フィニッシュライン) セラミック ウエット ルーブ 120ml プラボトル
フィニッシュライン(FINISH LINE) (2012-06-27)
売り上げランキング: 3,312

セラミック ワックス ルーブを使うにあたり、重要な注意点

このタイプは、オイルではなくワックスです。
ワックスの被膜をチェーン表面に形成するのですが、その前にチェーンの汚れを完璧と言えるレベルまで取り除く必要があります。
ディグリーザーを使い、超念入りに脱脂してオイルを取り除き、汚れも完璧に取らないと意味がありません。

チェーンにオイルが残ったままでこれを使うと、ワックスがオイルによって流れてしまい、意味をなさないのです。
フィニッシュラインなどからチェーン洗浄キットが出ていますが、あれで洗浄するだけでは正直不十分です。
チェーンを切って、ペットボトルなどにディグリーザーや灯油を入れて、ガシガシ洗浄しないとダメだと思ったほうがいいです。
なのでチェーンを切らない派の人には、ワックスルーブの真価が発揮できないので、やめたほうがいいと思います。

チェーンのリンクの部分の中までしっかり脱脂して、きちんと乾いた状態まで持っていきます。
当たり前ですが、ディグリーザーが乾いていない状態で使うのもNGです。
ディグリーザーの成分により、ワックスが分解されてしまいます。

完璧に脱脂して完璧に乾いた状態にしたら、セラミックワックスルーブの出番です。
ワックス系なので、温度が低いと固まってしまいます
夏場は問題ありませんが、冬場は暖かい部屋の中で作業するか、軽く湯煎してワックスルーブを温めてから使います。
使う前にはよく振って攪拌します。
これをしないと、ワックスルーブが容器の中で分離したままです。

一滴一滴、チェーンのコマの部分に垂らしていきます。
全部垂らしきったら、とりあえず拭かないで放置します。

翌日、再び同じようにチェーンのコマの部分に一滴一滴垂らしていきます。
全体に垂らした後は、また拭かずに放置します。
その翌日、軽くチェーン表面を拭いた後、乗り出します。

これくらい手間暇かけないと、このセラミックワックスルーブの真価がわかりません。
ちょっと面倒ですが、きちんとやればチェーンは汚れませんし、チェーンオイルみたいにフレームやホイールに飛び散ったりもしません。
それでいてオイル切れもなかなかしづらいです。



セラミック ワックス ルーブがダメという人もいる

私の周りにもいますが、セラミックワックスルーブを使ってみて、ダメだったという人が多いです。
ダメな理由を聞くと、
・オイル切れが早く、すぐにチェーンノイズが気になるようになってしまう
・冬場に、チェーン表面に白いワックスが固形化してヌチャヌチャしたものがたくさんついていて、チェーンの回転が重くなる

だいたいは、この二つの理由から【ダメだった】という人が多いです。

これらですが、横着して使い方を間違っているからこうなるだけです。

まず、オイル切れが早いという点。
これはチェーンの脱脂不足です。
完璧に脱脂しないと、チェーンの連結部の中に残っていたオイルがワックスを溶かしてしまい、潤滑性能が落ちるのです。

寒い時期に固まるのは、寒い場所で作業するからです。
きちんと脱脂して乾かして、暖かい場所で手順通りに作業すれば、冬場の走行でも気になりません。

このように、何かをめんどくさがって省略した作業をすると、真価が発揮できないばかりか、ダメオイル認定してしまう原因となります。

私がセラミック ワックス ルーブを使わなくなった理由

ぶっちゃけて書きますが、メンドクサイからです。
特に、チェーンの洗浄を完璧なレベルまでやらないと全く良さがわからないオイルです。
いちいちチェーンを切って完璧に脱脂して、という過程、またその後の複数回の添付などがめんどくさすぎたからです。

このために完璧レベルまでチェーンの脱脂をして、翌日急に乗る用事が出来た時など、ワックスルーブでは間に合わないため、仕方なく普通のチェーンオイルを使ったこともあります。

ただし、きちんとした作業でワックスルーブを使えば、これ以上のチェーンオイルはないだろと思うほどの性能です。
なので気になる方は、ぜひチャレンジしてほしい一品でもありますね。

ていうか、アマゾンでとんでもない大幅割引商品見つけました・・・
驚きの100円以下・・・

ちなみにこれ、持ってますがチェーンの潤滑性能はかなり良いです。
ただし、やたらと汚れやすい気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up