【インプレ】BCAAって何?効果はあるの?ロードバイク乗りから見たBCAAの必要性。

BCAAという単語を聞いたことがある人もいるかと思いますが、【あー、プロテインだっけ?】などと正しく理解されていない面もあると思います。

さてこのBCAAはロードバイクに乗る人にとって、重要なものなのでしょうか?



BCAAとは?

BCAAというのは、分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)の略です。

BCAAが注目されている理由ですが、大きな作用として筋肉の分解を抑制する効果と、筋肉の合成を助ける役割があるとされています。

先ほど書いたBCAAですが、約20種類あるアミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンの三つが主となっているものです。
なぜこれらが大切かというと、まず筋肉というのはタンパク質から出来ています。
タンパク質の元となるのがアミノ酸で、この三つの分岐鎖アミノ酸が筋肉の分解の抑制効果と、筋肉の合成を助ける役割が強いと研究で認められているので、BCAAが効果的という話になっています。

ロードバイクとBCAA

ロードバイクに乗るということは、筋力を使います。
筋肉は使うことで疲労し、筋肉が破壊され、筋肉が回復する段階で強くなります。

筋トレすることで筋力が増大するのは、筋トレで筋肉を傷つけて、それが回復する過程で強くなるんですね。
これは【超回復】という名前で知られています。

筋肉が破壊されていく段階で出る症状としては、筋肉痛があります。
もちろんですが、疲労感という症状もあります。

ロードバイクの場合、筋トレのような瞬発的な運動ではなく、持続的な持久運動です。
このときに身体を動かすエネルギー源となっているのは、糖質、脂質、血液中のBCAAなどです。
これらが豊富にあるうちはいいのですが、枯渇してくると筋肉を分解することで血液中のBCAAを確保し、エネルギー源として利用するようになっていきます。

ロードバイクというのは、淡々とペダリングしているだけではありますが、過酷なスポーツです。
エネルギー源がなくなれば筋肉を分解することでエネルギーを確保しようとしますし、筋肉自体はペダリングのパワーなどで疲労し、傷ついていきます。

これらを総合的にカバーするのが、BCAAの役割と言っていいでしょう。

BCAAを摂取した場合、期待できる効果は以下の通りです。
・血中のBCAA濃度を確保することで、筋肉の分解を抑制

上に書いたように、エネルギー源となっているBCAAが血液中から枯渇すると、筋肉を分解してエネルギー源としようとします。
要は血液中にBCAAがあれば筋肉を分解する必要性がなくなってくるため、結果的に筋肉の分解を抑制しているわけです。

筋肉が分解されていくと自覚的症状としてどんなことが起こるかというと、つまりは疲労とか筋肉痛とか、足が攣ったなどです。

・筋肉の合成を助ける

筋肉を作るにはタンパク質が必要なわけですが、BCAAは筋肉をつくるために必要なタンパク質です。
なので筋肉を効果的に強くできる効果もあるとされています。

買ったのはこちらのBCAA

とりあえず買ってみたのはこちら。
MRMのBCAA。

正直なところで書きますが、自分が思い描いていたサイズとはかけ離れた、デカイ物体が到着しましたww
100円ライターとの比較でいうと、こんな感じ。

宅急便で届いて持った瞬間、重!!と言ってしまいました。

これにした理由ですが、なにせどこを見ても売れ筋だったということと、成分が黄金比率だという噂を聞いたから。

バリン、ロイシン、イソロイシン、グルタミンの配合バランスが黄金比率だそうです。

やっぱ黄金となると嬉しいですよね。
ゴールドカードだと嬉しいですし、ゴールド会員だと嬉しい。

そんなゴールド気分を味わえる可能性すら秘めているということです。

飲むタイミング

上で書いたように、ロードバイクのエネルギー源としては糖質、脂質、血中のBCAAから使われていき、枯渇したら筋肉を分解してBCAAを確保すると書きました。
なので運動前にBCAAを補給しておき、運動中もBCAAを補給するというのが理にかなっています。

なので自宅を出る前にBCAAを補給し、あとはドリンクに混ぜておくというのが効果的かなと思います。

さてこの夏の暑い時期、ドリンクなんてすぐになくなってしまうと思います。
ドリンクをコンビニや自販機などで補給したとき用に、小分けにしたBCAAの粉末を持ち歩いておくというのも一つの方法だと思いますが、一歩間違うと職質されかねません。
よく警察24時とかで見る、覚〇剤を小分けにしている【パケ】というやつに見た目が似すぎています。

もちろん、万が一職質から成分検査されたとしても問題はないのですが、それなりの時間拘束される可能性はありますので、取り扱いには十分注意が必要です。

とりあえず言えることですが、この粉末はとにかく溶けづらい。
あと粉末のサラサラ度が高いというか、スプーンで持ち出してちょっと風が吹けばブワッと飛び散ります。

私の場合、まずは家で水に溶かして飲んで、あとはボトルに入れたドリンクにも入れました。

実際の効果

この一年くらいですが、ロードに乗った次の日に、足全体的に重たいような感覚がありました。
筋肉痛というわけでもないのですが、なんか足が重い。
そんな感じです。

恐らくは筋肉をそれなりに使ったことによる疲労、筋肉痛まで至らないけどそれなりに筋肉がダメージを受けている状態だと思うのですが、最初に書いたように、体のエネルギーは血中の糖、脂質、BCAAが枯渇してきた場合に、筋肉を分解することでBCAAを確保します。
BCAAを経口で摂取することで、筋肉の分解を抑制するとともに、筋肉の超回復を助ける働きを期待していたわけです。

これはより具体的に言うならば、筋肉の疲労感の軽減と、筋肉痛の軽減という意味です。

で、昨日100キロほど走ってみたのですが、今日になっていつものような足が重たい感じはあまり感じません。
昨日は100キロ走ったあとに、ちょっと用事があってかなりの距離を歩く羽目になったのですが、足の疲労感はいつもの5分の1くらいなイメージ。

もちろん、身体の状態によって変わるのでしょうから、これから何度か飲んで、乗ってを繰り返してこそ本当に効果があるのかないのかがわかると思いますが、一回だけのインプレでいうならば、アリだなという感覚です。

味についてですが、アクエリアスに混ぜている分にはあまり気になりません。
ミネラルウォーターに溶かして飲む分には、ちょっと飲みづらいかもしれません。

使い方で難点があるのは、とにかく溶けづらいという点です。
コップに入れてかき混ぜるくらいだとほとんど溶けていません。
ボトルに入れてかなりの数をシェイクしたら何とか溶けた感じです。
ボトルに入れてシェイクした後に、そのまま冷蔵庫で12時間くらい冷やされていたので、それくらいしたら完全に溶けて【粉感】はなくなっていましたが、コップに入れてかき混ぜるくらいだと【粉感】は半端ないです。

あとは、本来ならば小袋に粉だけ入れて、ボトル補充時にも入れたほうがいいでしょう。
ですが警察24時に出てくるようなパケという見た目になるので、誤解されたりするとややこしそうです。


【キャンペーンエントリーでP20倍!詳細は当店TOPで!】BCAA(お得サイズ1kg) パウダー MRM BCAA+Lグルタミン レモネード【キャンペーン期間:7月30日(日)10:00〜8月2日(水)9:59】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up