コルナゴ モンド(COLNAGO MONDO)の実力を見ていく





2016年モデルから大評判だった、コルナゴのモンド
イタリアの名門、コルナゴが出しているエントリーグレードのバイクですね。

エントリーグレードというと、「初心者向き」、「安いからたいしたことない」みたいに思われがちですが、さすがは名門コルナゴが出してきたエントリーバイクとあって、実力はなかなかのものです。

モンドのスペック

mowh_l
メーカーサイトはこちら

名作と言われた軽量アルミフレーム、ストラーダSLとフレーム自体は同じもののようです
ストラーダSLとの違いは、フォークです。
ストラーダSLのフォークはフルカーボンですが、モンドではカーボンフォークながらもアルミコラムです。
アルミコラムのカーボンフォーク???なんですかそれ?という方に解説しますが、わかりやすく言えばフォークの「芯」にアルミが入っているようなイメージです。
フルカーボンよりは重くなりますが、耐久性はこちらのほうが上です。




コンポはティアグラ10速モデルと、ソラ9速モデルのラインアップ。

乗ってみた印象

tsuruetoushi12_tp_v

正直、エントリーグレードの安い価格帯なのであまり期待していませんでした。
乗ってみた印象ですが、これは思っていたよりもポテンシャルを感じるフレームで、価格以上の価値があるフレームと言えます。
走りはピュアな印象で、踏み込んだパワーを素直に走りに変えてくれる印象。
それでいてレーシングバイク特有の嫌な硬さはそこまでなく、路面からの突き上げも思っていたよりもマイルドにこなします。

この価格帯でこの性能ですから、他社のエントリーグレードがかわいそうに感じてしまいます。
どうせなら、ゾンダクラスのホイールと、いいタイヤをチョイスして走ってみたいところ。

ティアグラ搭載モデルでも、ジャイアントやメリダに比べるとどうしても割高感が出てしまいますが、デザイン性の良さに加えてこの走りの軽さなら、正直こちらを選んだほうがいいように思えますね。

それと、4700系ティアグラの操作性の良さも目立ちます
ティアグラってどうしても低く見られがちですが、変速性能に関しては105と大きな差は感じません。
また、4700系になってクランクのデザインも良くなりましたし、STIも触覚ワイヤーではなくなって見た目も高級感が出ましたね。

このフレームでこの価格なら、十分お買い得な一台です。
ぜひいいタイヤを付けてあげてください。
コルナゴ モンドが特価!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up