【2019年モデル】ジャイアントのエスケープR3。定番すぎるクロスバイクは何が変わった?

もうすでに、2019年モデルのジャイアントのエスケープR3が発表になっています。
2018年モデルとの違いは何があるのか、見ていきましょう。




2019モデル エスケープR3

早速ですがスペックから比較してみましょう。

2018 2019
フレーム ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フォーク クロモリ クロモリ
BB VP BC73 110.5-68mm VP BC73 110.5-68mm
クランク PROWHEEL SWIFT 28/38/48T/CG 165mm(XS)、170mm(S、M) PROWHEEL SWIFT 28/38/48T/CG 165mm(XS)、170mm(S、M)
チェーン KMC27 KMC27
FD SHIMANO TY710 31.8 SHIMANO TY710 31.8
RD アルタス アルタス
シフター SHIMANO EF500 8S SHIMANO EF500 8S
ブレーキ TEKTRO RX1 TEKTRO RX1
ブレーキレバー SHIMANO EF500 SHIMANO EF500
スプロケ SHIMANO HG41 8S 11-32T SHIMANO HG41 8S 11-32T
ホイール GIANT SPINFORCE LITE Wheelset F:24H、R:28H GIANT SPINFORCE LITE Wheelset F:24H、R:28H
タイヤ KENDA K-193 700x28C KENDA K-193 700x28C
重量 10.7キロ 10.7キロ
定価 5万(税抜) 5万2千(税抜)
カラー マットライム,ブラックトーン,ブルートーン,レッド,ホワイト オーシャングリーン、マンゴー、ブルー、ブラックトーン、ホワイト

見てわかるように、スペック自体は全く同じです。
フレームやフォークも同じ。

2018年モデルとの違い

違いは以下の点です。

定価が2000円アップ

まず定価が2000円上がりました。
これについては正直なところ予想していました。

まずシマノパーツが5月に値上げされましたし、7月にはさらに平均5%の値上げがアナウンスされています。

【悲報】シマノが今年二度目の値上げ!7月1日より5%程度の値上げです・・・

2019モデルのクロスバイクやロードバイクは、全体的に値上げされるだろうというのは予想がつくことです。
もしかしたらロードバイクのほうでは、値上げしない分をパーツスペックを落としてくるメーカーや車種もあるかもしれません。

5月には9速用チェーンが40%弱も値上がりしましたし、まあいろいろ影響は出て当然でしょう。

シマノ チェーン CN-HG93 9段対応
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 3,803

カラーリングの変更


毎年エスケープR3はカラーリングが変わりますが、今年も普通に変わりました。
2019モデルのカラーは、オーシャングリーン、マンゴー、ブルー、ブラックトーン、ホワイトの5色展開です。

パーツやフレーム自体の変更は無し

パーツスペックやフレームなどは一切変更がありません。
エスケープR3の場合、これはこれで1つの完成形というか、低価格で買えるクロスバイクの代表格と言っていいでしょう。

エスケープR3のライバルは?

低価格で買えるという点では、コーダブルームのRAIL700Aでしょうか。

【先行予約発売】KhodaaBloom(コーダーブルーム) 2019年モデル RAIL 700A(レイル 700A)【クロスバイク】

こっちは重量が11.1キロなのでちょっとだけエスケープR3より重いですが、似たようなものです。

あとは定番のミストラルとか。
まだミストラルについては2019モデルが発表されていません。

ていうか、なんで毎年のようにニューモデルの発表時期が早くなっていくのでしょうかね?

エスケープR3ですが、昔ほどたくさんは見かけなくなった気がします。
ただ定番どころであることは間違いないですね。

とりあえず結論としては、ちょっと高くなって、パーツスペックは変更なしということです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up