スポンサーリンク

ロードバイクにハンドルカバー。防寒にはアリです。

blog

ちょっと前に、ロードバイク用ハンドルカバー(防寒の奴ね)を少し書きましたが、

 

パールイズミのヒーターグローブとヒーターシューズカバーってなくなった?
パールイズミにヒーター付きグローブとヒーター付きシューズカバーがあった気がするのですが、パールイズミのサイトを見ても出てこない。 これってカタログ落ち…なんですかね? パールイズミのヒーターグローブとヒーターシューズカバー かろうじて...

 

購入する方がいるようで恐れ入ります笑。

スポンサーリンク

ロードバイクにハンドルカバー


読者様
読者様
まさに記事下段の電熱ハンドルカバーを年初めに購入し、日曜に使ってみました。
最低5℃、快晴・強風、総距離70km平均22km/hと相当チンタラ走ってですが
私的に極寒グローブ<<ハンドルカバーです。素手で汗かくぐらいでした。
電熱使うのは氷点下の時ぐらいでしょうか?

 

操作性についてはブラケットを握っていれば大丈夫?(etapなのでブレーキは横に動きません)ですが、アップライトからすぐブラケット掴むのは流石に無理ですので最低でも片手入れっぱなしとなります。
あと、見た目はブサカワとか言えないレベルで明確にダサいです!

 

結果、冬の装備がシールドヘルメット・バラクラバ・ハンドルカバー・ネオプレンシューズカバー+ホッカイロになりました・・

 

まず気になったのはこちら。

読者様
読者様
見た目はブサカワとか言えないレベルで明確にダサいです!

 

すみません、ネタ的購入なのかと思ってしまいました笑
それは最初からわかっていたことではないかと。

 

ただまあ、「極寒グローブ<<ハンドルカバー」という話と素手でも汗をかくほどの威力というか効果はあるみたい。
たぶんこういうのはママチャリで近距離乗るとか、冬場の夜間ライドなど日が当たらない環境なら需要はあるのかなと思いますが、ぶっちゃけた話、ロードバイクで使っている人を見たことがないので見た目は怪しいw

 

寒がりな人にはいいのかもしれません。

 

あと、大変な無知で申し訳ありませんが、これってバラクラバっていうんですね。


私の中では「目出し帽」。
よく警察24時とかで精算機荒らしの犯人が被っているものという認識から、目出し帽と呼んでましたが、目出し帽と呼ぶと若干怪しい雰囲気が出るので今後はバラクラバと呼びます。


ハンドルカバーはうまく使えば「防寒面」では良さそうな気がしますが、いかんせん見た目と操作性ではやや疑問があります。
ずっとブラケット握りならアリなのかもしれませんが、なんだかんだ上ハンドル握ることもあるでしょうし。

ところで

防寒ってやりすぎると汗をかいて汗冷えに繋がるので、冬場って真夏より難しい気がします。
モコモコさせ過ぎたら動きにくいだけだし。

 

いや、一つ気になったのはこれ。

読者様
読者様
結果、冬の装備がシールドヘルメット・バラクラバ・ハンドルカバー・ネオプレンシューズカバー+ホッカイロになりました・・

シールドがあれば顔面上部への直接的な風が当たらず、多少は防寒効果になるんですかね?
シールド付きヘルメットって当初の目的は明らかにエアロだと思われますが、花粉症で目に来るサイクリストや、視力が悪いサイクリストに需要があったりするわけでどこに需要があるかなんて意外とわからないもんだなと。

 

【御礼】視力が悪い人のアイウェアはこれだ!アンケート結果発表!
先日、視力が悪い人のアイウェアのアンケートを実施させていただきました。 正直なところ、そもそも該当者が少ないアンケートだと勝手に決め付けていたので、回答数が少ないと思いますよ?と質問者さんに伝えた上でアンケート...

 

自転車用の超強力ライト(ボルト6000みたいな)なんて、サイクリストだけでなく警察署の鑑識課が買うなんて話も聞いたことがあります。
夜間の事件事故では、超強力ライト&コンパクトサイズは鑑識にとっては重宝しそうですもんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました