【2019年モデル】メリダの大人気エアロロード、REACTO400。バーレーンメリダカラーがブルー⇒ブラックに変更!

メリダの低価格で買えるエアロロードというと、リアクト400です。
他社ではほとんどないアルミフレームのエアロロードですが、2019モデルでも継続です。

毎年人気が高く売り切れる車種ですので、ここはきちっと押さえておきたいところですね。



2019 MERIDA REACTO400


MERIDA(メリダ) 2019年モデル REACTO400 (リアクト400)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

近年はエアロロードの持つ独特のフォルムに憧れてリアクト400を買う人も多いそうです。
実際外を走っていると、リアクトってそこそこ見かけるんですよね。
ちなみに上の画像は、シルクアンスラサイトというカラーです。

こちらがバーレーンメリダカラーです。
昨年まではブルーを基調としたモデルでしたが、2019モデルではブラックに変更。

エアロなフォルムがカッコいいですし、塗装の質感もいいですね。

フレーム自体は、2018年モデルとの変更点はカラーリングだけのようです。
アルミフレームでエアロロードというと、実質メリダのリアクトか、スペシャライズドのアレースプリントのどちらかになりますね。
まあどっちもメリダが作っているという点が面白いところです。
昔はジャイアントのプロペルにもアルミフレームバージョンがありましたが、2018年モデルからはカタログ落ちしていますし。

2018モデルとの比較

こちらは2018年モデルのバーレーンメリダカラーです。

メリダ 2018年モデル REACTO 400 / リアクト 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】

2019 2018
フレーム アルミ アルミ
フォーク カーボン カーボン
STI 105(R7000) 105
クランク FSAゴッサマー

52-36

FSAゴッサマー

52-36

FD 105(R7000) 105
RD 105GS(R7000) 105
スプロケ 105 11-30 105 11-28
ブレーキ 105 105
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold Maxxis Dolemites 25 fold
ホイール メリダオリジナル メリダオリジナル
重量 9.2キロ
定価(税別) 169,900 159,900

定価については1万円値上げになっているようです。
ただエアロロードで最安の部類であることは間違いありません(変な中華メーカーは除く)。

2019モデルが値上げされるのは仕方ないというか、シマノをはじめとするパーツメーカーが軒並み値上げになっているからですね。

リアクトは登れるか?


リアクトって登れますか?という質問を受けることが多いのですが、ぶっちゃけて言うと登れるかどうかは乗り手の問題です。
9.2キロなので、登りが楽かと聞かれると答えはノーになります。
当たり前ですね。

ただし、剛性が高いのでそこまで登りがきついという感覚が少ないのも、リアクトの大きな特徴です。
剛性が高いというのはガチガチなイメージを想像するかもしれないですが、ガチガチというほどでもないですが、フレームの質がいいんですよね。
ガチムチとでも言いましょうか笑

ただ登りメインのコースなら、メリダならスクルトゥーラを選択したいところです。
これはまず間違いないです。

リアクトの、持ち味が発揮されるのは、やはり平坦道でかっ飛ばすようなシチュエーションです。
これがエアロロードの持ち味ですよね。

アルミエアロロードの大本命

アルミエアロロードはほとんどないのですが、リアクト400は人気が高く、買いやすい値段ということもあり、エアロロードの大本命と言っていいでしょう。
個人的にはランプレメリダカラーも好きですが、シルクアンスラサイトカラーも好き。

2019年モデルなので、105と言ってもR7000系が付いてきます。
前作の5800系と比べてブラケットが握りやすくなった以外はそれほど大きな差はないのですが、やっぱ新しいコンポが気になるところですよね。

ほかのエアロロードというと、先ほど挙げたスペシャライズドのアレースプリントでしょうか。

こちらは限定カラーのアレースプリントです。

リアクトですが、ホイールをいいものに変えたりしていけば、8キロ台は余裕で行けます。
メリダの完成車はホイールが重いので、ホイールは是非とも変えたいところ。

エアロフレームですので、ホイールもぜひエアロを選びたいですね。
最高峰はボーラになりますが、

Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 50 クリンチャーホイールセット (2018)

さすがにボーラは高すぎるという人は、それほど軽くはないですがカンパニョーロのシロッコとかでしょうか。

Campagnolo – Scirocco (シロッコ) C17 ロードホイールセット

あとはシマノのデュラエースC40とか。

Shimano – Dura Ace (デュラエース) R9100 C40 カーボンクリンチャーホイールセット

シマノC40はリムハイトは35mmなので注意です。
ホント最近のシマノはわかりづらくてね・・・

2019モデルもリアクトは人気が出そうですね。
欲しい人は早めに注文を!


MERIDA(メリダ) 2019年モデル REACTO400 (リアクト400)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする