【2019年モデル】FUJI ROUBAIX AURA。フラットバーロードでは個人的に最強だと思う件。

FUJIのフラットバーバイクというとルーベオーラが有名ですが、2019年モデルでも継続です。
個人的にアルミフラットバーバイクの中では、値段と性能のバランスが非常に取れているのがルーベオーラだと思っていまして。




2019 FUJI ROUBAIX AURA


【ボトルプレゼント】FUJI(フジ) 2019年モデル ROUBAIX AURA (ルーベーオーラ)[フラットバーロード][ロードバイク・ロードレーサー]

フジのルーベオーラはロードバイクのフレームと同様のジオメトリを採用していて、加速性が高いフレームなのが特徴です。
チェーンステイ長(リアセンター)も410mm。
ロードバイクのチェーンステイ長はほとんどのバイクで410mm以下です。

クロスバイクのフレームだと、リアセンターがどうしても長くなり、比較的短めと言われるジャイアントのRX1などでも425mmもあります。
チェーンステイが長いと加速時のダイレクト感が失われる(その代わり振動吸収性は上がりますが)ので、フラットバーバイクで加速性重視の人は実はチェーンステイ長も見たほうがいいです。

FUJIって実は軽量アルミも得意でして、ロードバイクのルーベもフレーム重量は1080gと軽量です。
ルーベオーラも軽量なアルミを使い、カスタムバテッドフレームにしているのも特徴。
カスタムバテッドというのは、必要に応じてフレームの肉厚を変えているフレームになります。

フォークもカーボンフォークですし、コンポはクラリスですがこの価格帯としてはフレームの質がかなりいいかと。

カラーはマットブラックと、

ガンメタルの二つ。

なんかFUJIっぽいというか、個人的には好きなカラーリングです。

この価格帯ながら、アシンメトリック(左右非対称)のチェーンステイで駆動剛性をコントロールしていたり、なかなか興味深いフレームなんですよね。

ルーベオーラのスペック

フレーム アルミ
フォーク カーボン(アルミコラム)
シフター クラリス
クランク Sugino XD2000D, 50/34T
FD,RD クラリス
スプロケ クラリス 11-28T(8速)
ブレーキ フジオリジナル
ホイール フジオリジナル
タイヤ Vera Helios 700×25C
重量 8.9キロ
定価(税別) 92,000

コンポはクラリスです。
クラリス搭載のフラットバーロードですが、重量は8.9キロと軽量。
クロスバイクとかフラットバーロードを求める人はコンポ基準で選ぶ人が多かったりするのですが、FUJIの場合はフレームとフォークの質が高い分、コンポはグレードを抑えてコストダウンしている印象です。

いろいろとクロスバイクやフラットバーロードがありますが、正直ルーベオーラは結構速い部類のバイクです。
知人が持っているので乗せてもらったことがありますが、かなりいい一台です。

対抗馬は?

フラットバーロード自体がそれほど多くないので対抗馬も限られてきます。
よくフラットバーロードを【ロードコンポが付いているもの】と勘違いする人がいますが、フラットバーロードとクロスバイクの違いはフレームのジオメトリです。
ジオメトリは初心者にはなかなかわかりづらいですが、例えばジャイアントのエスケープRX1は、ロードコンポを載せただけのクロスバイクです。
フレームがクロスバイクのフレームですので。

こちらにフラットバーロードの特集を組んでいます。

【2018年モデル】フラットバーロード特集!フラットバーでもスピードにこだわりたい人向けの一台を。

2019年モデルのフラットバーロードがまだ完全に発表されているわけではないのですが、コルナゴのヴォレイとか対抗馬でしょうか。

【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI CLARIS(ヴォレイクラリス)カラー:ホワイトフラットバーロード・スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2019モデルのフラットバーロードが出そろってきたらまた追記します。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする