カーボンキラーって言うけど、何がカーボンに勝っているのか?CAADは常にカーボンより上?

キャノンデールのCAADは、【カーボンキラー】と呼ばれます。
このカーボンキラーという言葉が独り歩きして、本当の意味を失っているように感じることがあります。

あくまでも宣伝目的の造語なんでしょうけど、カーボンキラーという意味を理解したほうがいいと思ってまして。



カーボンキラーの起源

カーボンキラーという言葉がどこから出てきたのかですが、そもそも言い出したのはメーカーです。
キャノンデールのHPに書かれています。

CAAD12の説明文には、このように書かれています。

CAAD12
アルミフレームの神、ここに降臨。
これこそ、コアなロードバイカーのための一台。ローカルヒーロー、そのライバル、鍛えられた脚のアマチュアレーサー、勝利を夢見るあらゆるライダーのためのバイクです。かかるコストと純粋なレーシングパフォーマンスの両立においてCAAD12に比肩するものはありません。多くのカーボンフレームよりも軽く、高剛性で、スムーズなライドフィールを実現したCAAD12は、最高のアルミフレームであると同時に正真正銘のカーボンキラーと言えます。

https://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Products/ProductCategory.aspx?nid=de654fca-4c41-4c14-84ea-7b5a1f77440b

私の知る限りですが、カーボンキラーという言葉が登場したのはCAAD10からです。
それ以前は使われていませんでした。

ちなみにキャノンデールUSAのHPでは、CAAD12の説明文はこう書かれています。

Lighter, stiffer and smoother riding than many carbon frames, CAAD12 is simply the most sophisticated, highest performing aluminum race bike ever made.

(翻訳)
CAAD12は、多くのカーボンフレームよりも軽量で、より硬く、スムーズな乗り心地です。これまでに作られた最も洗練された最高性能のアルミ製レーシングバイクです。

https://www.cannondale.com/en/USA/Products/ProductCategory.aspx?nid=d221ff03-25d8-48d5-a580-436b47b34f55

どこにもカーボンキラーという言葉はありません。
これもジャパニーズイングリッシュなのでしょう。
キャノンデールジャパンの方が、きっと思いついてしまった名言だと思われます。

とにかく言えるのは、カーボンキラーと言いだしたのはキャノンデールジャパンだということです。

キラーの意味

キラーという言葉の意味に付いて考えてみます。
デジタル大辞泉によると、こう書かれています。

1 殺人者。殺し屋。
2 魅力で相手を悩殺する人。「マダムキラー」
3 野球で、特定の相手を抑える投手。あるいは打ち込む打者。「左投手キラー」
4 ゾウリムシや酵母で、毒素を出して同じ培養中の他系統のものを殺す遺伝形質をもつもの。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC-480058

ここでいうカーボンキラーの意味は、当然殺人者ではありませんねw
2ないし3の意味で、要約すると【カーボンに負けずとも劣らない、カーボンを凌駕する】という意味だと思います。

魅力的でカーボンを抑え込むとも言えますし、カーボンに勝てる存在ともいえます。

【カーボンキラー】がカーボンに勝る点

ここからが大切なのですが、カーボンキラーたるCAADは、どのような面でカーボンに勝っているのかを考えるのが重要だと思うんです。
全ての面で必ずカーボンに勝てると思う人はいないと思いますが、カーボンキラーの意味が独り歩きして、間違った解釈を持つ人もいるように感じます。

価格

まず、多くのカーボン完成車に比べると、CAADは定価が安いです。
これは単純に、アルミフレームとカーボンフレームの製造コストの差ですね。

いきなりお前は何を言い出すんだ?と思う人もいるかもしれませんが、多くのカーボンフレームに対して、コスト面ではCAADは勝っています。

加速性

ここが大きなポイントだと思うのですが、そもそもカーボンキラーと言っても、カーボンフレームってモノによってだいぶ価格差がありますよね。

カレラとかジオスのカーボンフレームだと、10万円台から買えます。
一方、TIMEのフレームとか70万くらいのものもありますし、ピナレロのドグマだって高いですよね。

これは1つの目安というか、さほど根拠がある数字ではないと思うのですが、定価で30万以下のカーボン完成車に比べると、CAADは加速性で勝っていることが多い気がします。
アルミらしい剛性感あふれる加速というか、低価格帯のカーボン車はどうしてもシナリが大きいものもあるので、そういうものに比べると加速性では勝てることが多いという意味だと。

ただし、ここで出した30万以下という数字に、さほど根拠はありません。
25万くらいで優れた加速性を出すカーボン完成車もありますし、何となくのイメージだと思っていただければ。



振動吸収性

ここが難しいところですが、30万以下のカーボンフレームの場合、乗り心地、振動吸収性重視のフレームが多いのです。
そうすると、この分野ではCAADは勝ち目がありません。

フレームの振動吸収性は、パイプのシナリと素材自体の振動減弱能力です。
30万以下のカーボン完成車は振動吸収性重視のものが多く、アルミフレームのCAADは勝てないと言っていいでしょう。

CAADは乗り心地もいいとか言われたりしますが、個人的にはこのフレーズには言葉が足りないと思っています。
正確に言うと、こんな感じ。

ピュアレーシングアルミバイクは硬いものが多いが、ピュアレーシングアルミの中では乗り心地もいいほうだ。

アルミフレームでも、もっと振動吸収性重視のフレームもありますし、アルミフレーム全体から見て特別振動吸収性がいいという印象はありません。
CAAD12については、10よりも振動吸収性を上げる方向性でその分加速性を落としているような印象がありますが。

重量

CAAD12はアルミフレームの中ではかなり軽いほうで、塗装済みで1080g程度と言われます。
恐らくですが、アルミフレーム歯これ以上軽量化することはできないと思います。

私が乗っているLOOK765は、未塗装重量で1100gあります。
なのでエントリ^グレードのカーボンフレームには重量面で勝てますが、例えば軽量カーボンフレームだとトレックのエモンダSLRは塗装済みで640gとかになります。
ミドルグレードのカーボンフレームが、未塗装で990gくらいです。
塗装が80g程度加算されますので、重量面で言うとCAADはミドルグレードのカーボンフレームと同じくらいと言えるでしょう。

耐久性

耐久性については、カーボンフレームも今はすぐに割れるようなことはありませんし、ほぼ互角でしょう。
カーボン=割れやすいと思っている人もいますが、事故クラスの衝撃じゃないと割れることは少ないです。

強いて言うなら、アルミは金属疲労で劣化しますので、耐用年数としてはカーボンのほうが上でしょう。

カーボンキラーの真相

CAADはピュアレーシングバイクなので、【カーボンに勝てる】という部分はあくまでもレースシーンの話だと思っています。
いかに速く走るかという点で、30万以下のカーボンフレームにも負けないという意味でのカーボンキラーだと思うんですね。

もしCAADがエンデュランスバイクだったら、カーボンキラーの意味が変わると思うんです。
カーボンを凌ぐ乗り心地、振動吸収性という意味になって来るでしょう。

さきほど【30万以下のカーボン完成車よりも加速性がいいことが多い】と書きましたが、これも善し悪しです。
レースで使うとか、とにかくスピードにこだわりたい人にはいい一台でしょう。

ですがもし求めているのがエンデュランス性能なら??
ツーリングを快適に!と思ってCAAD12を買うなら、もっといいバイクがあるんじゃね?となってくるわけです。

カーボンキラーという言葉が独り歩きして、どうも誤解を生んでいることもあるようです。
確かに、カーボンとは違う乗り味はあります。
私もアルミバイクは好きですが、アルミフレームの中ではトップクラスの加速性を持つことは、皆が認める事実でしょう。

でも、万人にとって【カーボンキラー】にはなりえないんですね。
振動吸収性を第一に考えるライダーには、個人的には向かないと思っています。
アルミエンデュランスバイクで、軽量なタイプってあまりないのですが・・・

カーボンキラー、カーボンキラーと言いますが、確かにCAAD10や12は素晴らしいフレームです。
ですがその素晴らしさが、全ての人に素晴らしいわけではありませんし、全てのカーボンフレームを凌駕するわけがないということも重要です。

個人的には、CAAD12の次のモデルが出るときには、どうせならカーボンキラーの名前を活かして【CAAD アサシン】とかしてもらえると何となく嬉しいです。

※アサシン=暗殺者の意。

CAAD13ではなく、スペシャルモデルとしてCAADアサシンを開発願いますw




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする