RONDO Ruut CF 。世界初のジオメトリを変更可能な変態フォークを装備したグラベルロード。

RONDOというメーカーはご存知でしょうか?
日本には入ってきていないメーカーなので多くの人が知らないと思いますが、ジオメトリを一瞬で変える事が可能という変態的なフォークを持つグラベルロードを開発しているメーカーでして、面白い機構だと注目を浴びているブランドでもあります。




Twintip carbon fork

RONDOで特徴的なのは、Twintip carbon forkです。
こういうもの。

なんかエンド部がゴツイですね。
これがどういう意味を持つかというと、要はスルーアクスルをセッティングする位置を変える事ができるフォークということです。

どういうことかというと、こんな感じです。

二つのポジションを選択でき、オフセット量をコントロール可能なわけです。
エンデュランスポジションとレーシングポジションの二つがあり、走りの目的によりセッティングを変えて走行可能。

この発想はなかったですね。
確かにこれならば、同じグラベルロードに乗りながらも、違う乗り味を体験できるシステムというわけです。

Rondo – Ruut CF Gravel


Rondo – Ruut CF Gravel フレームセット

こちらは軽量なEPSカーボンを使ったRuut CF Gravel フレームセット。
トップチューブの形が特徴的で、シートチューブの手前でカクンと曲がっています。
もちろん、RONDOの特徴であるツインティップカーボンフォークも搭載。

タイヤクリアランスは、700cだと40cまで。
650bだと2.1までとなっているようです。

完成車もあります。
こちらはスラムのフォース完成車。

Rondo – Ruut CF1 (2019)

1×11速、フロントシングル仕様の完成車です。
スラムはフロントシングルの先駆けみたいな存在ですが、実態はまともなフロント変速を作ることができなかっただけという・・・
まあ、グラベルロードだとフロントシングルのほうが使い勝手がいいのかもしれません。

結構パーツ構成も悪くなくて、タイヤもパナレーサーのグラベルキングが付いてきてます。
ただし、フレームサイズの在庫がかなり限られてます・・・

パッと見で特徴的なのは、ロードバイクというとフレームにメーカー名のロゴがでかく書かれるもんですが、RONDOはロゴはフォークのほうにあります。
なのでフレームがやたらとシンプルに見えますが、フォークのロゴがインパクト大きいので、斬新なデザインに見えますね。

RONDOは日本には代理店がなく、まだ無名なブランド扱いでしょうけど、他人と被らないカッコいいグラベルロードが欲しい人にはいい一台ではないでしょうか?


Rondo – Ruut CF Gravel フレームセット