パナレーサーの新作タイヤ、RACE A EVO4 TLCがエア漏れ発生で販売中止に。

パナレーサーの新作チューブレスタイヤ、RACE A EVO4 TLCがエア漏れ発生とのことで販売中止になっています。
どうも製造不良があったようで・・・

一時的な販売中止のようですが、現在使っている人でもご相談くださいとのこと。

RACE A EVO4 TLC、販売中止

パナレーサーから出ている通達はこちらです。

RACE A EVO4 TLC タイヤ 一部不具合についてのお知らせ

掲題の件につきまして、3 月~9 月に製造しました RACE A EVO4 TLC タイヤの一部に、弊社
社内基準を下回るエアー保持性の製品が出荷された事を確認致しました
万一お客様の下でエアー漏れが発生すると、走行に支障をきたす恐れもございますので RACE
A EVO4 TLC タイヤの販売を一時的に停止させて頂くことと致しました
すでにご購入のお客様において早期エアー漏れが発生した際には、弊社お客様相談室までご連
絡くだされば、ご相談の上、都度対応させて頂きます。
お客様には大変ご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げますと共に、お手数をおかけ
致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


1.対象商 品 F725TC-RCA-B4(700×25C RACE A EVO4 TLC タイヤ)
F728TC-RCA-B4(700×28C RACE A EVO4 TLC タイヤ)
2.弊社対 応 早期にエアー漏れが発生した場合、弊社にて対応させていただきます。下記
送付先住所あてに「送料着払い」にて、ご送付をお願いしたく存じます。弊
社において確認後に、対応のご相談をさせていただきます。

https://panaracer.co.jp/lacne/news/upload/PIF19-001.pdf

パナレーサーさんは、何か問題がある商品については、送って確認してもらえばきちんと対応してもらえます。
このあたりはさすが日本の企業という感じ。

で、該当商品のアマゾンでのレビューを見てみたのですが、

散々ですね・・・

パナレーサーのタイヤは,いつも素晴らしい出来であり,
今回も期待していたのですが,実際はとてもがっかりしました.
購入検討をされているかたは,購入されないことをおすすめします.以下,詳細

DTSWISS PR1400 dicut(チューブレスレディ) + Evo4の組み合わせ
まず,空気を入れてもビードが上がらない.
フロアポンプで入れても,圧縮空気を入れても上がらない.
リムテープを二重巻きにしてもだめです.
石鹸水を使ってもだめです.

ホイールをチューブレスのシマノアルテグラWH6700に変えると,
フロアポンプでは上がらない,圧縮空気でようやくビードが上がる,放置すると空気が抜ける状態です.
まず,フロアポンプだけでビードが上がらない時点で問題があります.

一方,タイヤを旧型のEvo3 チューブレスに変えると,
上記両ホイールへの装着時には,ともにフロアポンプだけでビードが上がる状況でした.
空気抜けもほとんどありません.7bar→6bar程度
(アルテグラはリムブレーキ面が減って限界なので,DTSWISSのホイールをメインで使う予定です,)

パナレーサーの担当者へ連絡をしたところ,Evo4はビードのはめやすさを優先しビードを柔らかくした
との回答.おそらくMAVICのUSTの柔らかさを考えたのでしょうが,ビードがリムにはまらなければ,
タイヤ本来の機能を果たす以前の問題です.

Evo3が良かっただけに,今回の大幅な仕様変更は残念でなりません.
(ビードが硬いという点はありますが,ビードをリム中央に落としつつ,
既にハメた側からこれからハメる側にタイヤを引けば,すんなりハマりました)

残念ながら,このタイヤについては,次回,購入することは無いです.

他の方のレビューにもありますがエア漏れが激しい個体があります。7Barが半日で2Barまで下がるのでサイド面に石鹸水を塗ると両面、全周で泡が発生しました。
しかし前後ペアの片方は少しのシーラントでエア抜けは無し。
パナレーサーに確認したところこれは想定以上の漏れで不良品の可能性が高いとして交換となりました。
初期ロットで品質が安定していないと思われますので今後に期待です。
追記:交換対応で来たタイヤでもトラブルが発生しました。
約300キロの走行でトレッドに2箇所、蚊に刺された時のような大きな膨らみが発生し再度交換となりました。
気づかなければバーストしていた可能性が高いてす。
もし、再々度トラブルがないことを祈るばかりです。

チューブレスでエア漏れが酷いと言うことは使い物にならないので、もし思い当たるところがある人がいましたら、早急にパナレーサーへ連絡してください。

チューブレスは

パナレーサーのチューブレス、新作のRACE A EVO4 TLCですが、かなり軽量に仕上がっています。
25cで210g、28cで240gですので、へたすりゃクリンチャータイヤよりも軽いわけで。

コンチネンタルのGP5000TLなんて、25cで300gでしたっけ?
それはさすがに重すぎ感は否めませんが、タイヤメーカーもエア漏れしづらさ、軽量性、嵌めやすさをどう追及するかでまだ難しいところがあるのではないでしょうか?

MAVICは専用のタイヤ(イクシオンプロUST)を使うことで、手でも嵌められるということを謳っていますが、他社のタイヤ、例えばコンチのGP5000TLだとさっぱり嵌らないとか聞きますし・・・

リムとタイヤの適合性をどう高めるかが難しいのでしょう。

今回のパナレーサーのタイヤは、シーラント入れてもエア漏れが酷いと言うことのようなので、設計上の問題なのか、製造上の問題なのかはわかりませんが、どうもしばらくは販売しないようですので、どのメーカーであっても新作チューブレスタイヤというのは人柱覚悟で買うしかないのかもしれません。
なんだかんだ、信頼のIRCがいいのかもしれませんが・・・