PVアクセスランキング にほんブログ村

レーザービームはダメあるよ。

先日書いた記事。

ずいぶん前のことですが、購入したリアライトにレーザービーム機能が付いていました。 地面に向かってレーザービームでラインを引くの...

中華系リアライトの中には、地面にレーザービームで線を描くものがあります。
けど大手リアライトにはこの機能ってない。

なんでだろ?というところでご意見を頂きました。

レーザービームは危険

読者様
読者様
なぜ大手はレーザービームを作らないのか?ですが‥
10年以上前になりますが中華レーザーポインターが子供たちの間で流行り網膜損傷事例が
発生…とNHK「クローズアップ現代」でも取り上げていました。
地面へライン表示出来る程の出力だと日本の安全基準を越えているのではないでしょうか?
だからキャットアイはレーザー製品を作らない、と思ってますが‥?
レーザーでライン表示するリアライトは自分も使ってみた事がありますが散歩中の犬に
まともにレーザーを照射してしまう事がある、と気付き使用を中止しました‥

地面に向かっているビームだから問題ないと思ってましたが、確かに犬の散歩とか、小さい子供とかには脅威になりますね。
ここまで頭が回っていなかったのは大反省。
ただまあ、車道を走るロードバイクとしては、事実上として、子供や犬などの視線に入るようなビームにはならない気もします。
けどみんながみんな車道を走るわけでもないし、車道と歩道が区別されていても歩行者が近いケースもあるでしょうし。

安全基準がどうなっているのかはわかりませんが、確かにそうだなと。

ちょっと気になって調べてみたのですが、確かにレーザーポインターについては、消費生活用製品安全法により光強度が1mW以上のものについては、製造販売、輸入販売ともに禁止されている様子。
なのでこの法律に触れる恐れがある、ということなのかもしれません。

ということで

リアライトはロードバイクに乗る上でかなり重要。
一番の目的は後続車の追突を防ぐため、被視認性を上げることが目的です。

私はトリプルリアライトにしてますが、デイライトとしても有効なので、反射板だけはやめたほうがいいかなと・・・
大して高いものでもないし。
数千円ケチったばかりに事故が起きたんじゃしょうがないですしね。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…