PVアクセスランキング にほんブログ村

2021年を振り返ると。

今年は災難続きで・・・

2021年を振り返り

今年ほど健康というキーワードを意識した年もなかったなと思うのですが、原因不明な状態で仕事も計5ヶ月ほどお休み。
結局まだ自転車に乗れそうな気配はないのですが、やっと原因が分かったので2月末あたりには自転車に乗れるような状態を目指したいところ。

ぶっちゃけ、死ぬのかと思ってました。
どの病院に行っても見たことも聞いたことが無い症状とのことで原因もわからないし。
それでいて意識明瞭のまま、なぜか全身が痙攣していたりしましたし・・・
バスの中で痙攣したままの人がいたら、そりゃビビりますわな。

そういう意味では検査のための医療費についてはかなり使いました。

そんな状況だったのでヘアカットも何か月も行かなかったのですが、もう10年以上カットしてもらっている美容師さんも、毎月来ていたのにどうしたのかな?と思うのは当然のこと。
やっと落ち着いてきたのでもうちょっとなのかなという見通しは出てきてはいるものの、今時点では自転車に乗れそうなイメージがサッパリわかないのも事実。

当たり前のことに感謝する

ここまで身体がおかしくなる経験が無かったのでビックリしてますが、当たり前のことを当たり前に出来ることって、普段は何とも思わない。
当たり前に出来ていたことが突如出来なくなると、なんてことが無い行動が出来るようになっただけでも感動するし感謝する。

身体が不自由になったときに、今まで何とも思っていなかったことが結構気になります。
それこそ、電車のドアにある手すりが無いと電車に乗ることも出来ませんが、手すりを占領されていると正直なところ乗れません。
ちょっと前に書いた点字ブロックもそうですが、気にしない人は全く気にせずに点字ブロック状でバス待ちする。
確かに白杖をついた人を頻繁に見かけるわけではないので、来たらドケばそれで十分という考えも出来なくなないでしょうけど、点字ブロック上に自転車を止めている人とかいますからねぇ・・・

意味があって配置されている導線ですが、自分には必要ないことでも、それを必要としている人もいる。
こういうのって普段健康な状態では気が付きにくいのかもしれません。

大きな声では言いにくい件

この一年、いろんなところからレビューの依頼が来ましたが、結局のところほぼ断りましたw
理由は様々です。
製品自体に何ら魅力を感じないとか、製品自体が危険性が高いものだとか、担当者がクズ過ぎてお断りとか・・・
あるとこ路から来ていたレビュー依頼ですが、ちょっと興味があったのでメールを返信して質問したんです。
回答は3週間後でしたw
こういう人とは付き合わない方がいいと思ったので断ったのですが、そのところはたった半年程度で撤退していたことを知り、やっぱ関わらなくてよかったと思いましたw

まあ過去には【急に正月が来ちゃったからやっぱ取り止め】などと言ってきた人もいるので、そういうところは容赦なく切り捨てますw
この経緯を知っている人は読者様の中では数名ですが、人として無いなと思った時点で基本は終了します。

あとこの一年で痛感したことですが、世の中って結構テキトーな人が多いなということ。
ちゃんと調べもせずにデタラメで批判する奴とか平気でいますから。