PVアクセスランキング にほんブログ村

まあまあどうでもいい話。

あるプロショップの不手際の話が回ってきたのですが、ちょっとだけ思うことを。

そもそも

そのショップ絡みの話って、だいぶ前から某所で発信されてないか?というのが疑問というか、今さらというか。

気になって調べてみたら、2017年になっているし。
今さら感が半端なくて。

ただまあ、それを置いといたとしても。

誤魔化しは必ずバレる

人間誰でもミスはあるし、ミスをしない人間はいない。
ミスから学ぶこともあるけど、対お客さんという関係性で言うならば、リカバリーをしっかりすればトラブルになることもほとんど無いと思う。

間違えて壊したなら、素直に詫びて新しいパーツを用意するとか。
下手に隠して、ミスが伝わる前に何とかしようとか考えると、どこかにボロが出るシステムなんだと思う。

私も事業者ですが、ミスしてお客様に迷惑かけてしまったことはありますが、きちんとリカバリーしてむしろ常連さんになってくれたりする。
下手に言い訳して責任逃れをしてみたり、隠蔽しようとすると絶対にボロが出て信頼失うだけなのは、社会経験を積む中で自然と理解していくもの。

学生時代の部活で、毎日ある練習をするノルマがあったのですが、監督は見てないからサボってもバレないのか?というと、普通に見抜かれているんですよ笑。
世の中そんなもん。
正直なのが一番。
ミスして開き直ってみたり、ミスを隠蔽しようとしたり、ミスを他人のせいにしてみたりすると、お客様には普通に見抜かれている。

信頼を得るのも失うのも、全部自分の責任。
自営業って叱ってくれる上司もいないから、自らを律していないと間違った方向に進むだけだし。

ショップとのトラブル話は過去に散々読者様から聞いてますが、きっかけは些細なことだったりします。
「2週間で届くよ。届いたら電話するから」と言われていたけど、1ヶ月経っても電話が来ないとか。
代理店の責任で納品が遅れていたとしても、お客さんとしては「2週間」だと思っているから、遅れるなら電話一本欲しいわけだ。
遅れたことが問題じゃなくて、連絡が来ないことが問題なわけ。

お客さんだって、遅れているのは代理店がクソなんだと理解している。
けど、約束の納期を越えるなら電話一本欲しい。

ただ、それだけなんだよね。
納期が遅れているのは、ショップのせいではないことはわかっているのだから。

こういうちょっとしたことの積み重ねが不満になり、ある時「我慢ならなくなる」。
単にそれだけのこと。

けどああいう話を見ると、信頼を失うのは一瞬なように見えて、一瞬ではないんだよなと思う。
少しずつ不満や疑問が出てきて、積み重ねてオジャンになる。
ショップ難民という人もそれなりにいますが、トラブルって「起きる」のではなく、「自らが作り出した」と捉えたほうがいいのかもしれません。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…