PVアクセスランキング にほんブログ村

インスタ映え。

千葉フォルニアという単語すら知りませんでしたが、インスタ映えというのは時として罪ですな。

“インスタ映え”で相次ぐ危険行為 直撃に「みんな止めてるから…」千葉フォルニア

無能

インスタ映えガー!という前に、ルールを守るという感覚がないのが凄いけど、もっと不思議なのは、死を恐れぬ姿勢というか。

バカとキチガイには、勝てませんな。

こういうのって、警察が常駐して取り締まるか、逆にこういう人たちのためのスペースを確保するかどちらかしかないと思う。
まあ、いい画像を撮るためなら何でもありという姿勢は理解に苦しむ。

こういうのって、「みんなやってるし」的な発想なのか、警察なんてどうせ来ないし的な発想なのか?

ただまあ、いわゆるプロショップでも似たようなことしてるところがあるのは知ってるので、ルールってなんだろう?と思う。
道路のど真ん中にロードバイクを置いて、堂々と撮影してアップしてるようなしょーもないショップもありますから。

通行車両がいなかったら、許されるの?
そんな意識だから、バレなきゃいい的な発想にしかならないんだよな。

違法性に気がつかずに、ネット上に画像をアップしている時点でお察し。

ちょっと前に、激坂だからでしょうけど生活道路で逆走や蛇行などして、YouTubeにアップしている奴もいたけど、

普段あまりユーチューブとか見ないので有名な方なのかどうかは知りませんが。 一応ね 多摩の方に住んでいたことがあるのでこのあたりも...

自転車の逆走が減らない理由って、これに凝縮されていると思う。
「これくらいいいじゃん」
「誰かに迷惑かけてないからいいじゃん」
「激坂だからしょうがないでしょ」

いくらでも言い訳はできる。
言い訳が横行した結果、巷には逆走自転車が溢れているのでは?
しまいには開き直って、「だったら警察に通報しろよ!」とかいう奴もいたけど、この程度で警察が動かないことをわかっているから、開き直っているだけなんだよな。

警察も自転車の違反については、「悪質な違反」以外は注意止まりという方針。
いやいや、逆走は極めて悪質な違反ですから。

しょーもないバカ

どんな世界でも、こういうしょーもないバカはいるわけで、バカにはバカと、アホにはアホと、クズにはクズときちんと言ってあげた方がいいのかもしれません。
それで悔い改めて直るのかはわからないけど笑。

ちなみに先日書いたノーブレーキピストの話。

もう何年も前だと思いますが、警察がいわゆるノーブレーキピストの取り締まりを強化したことがありましたよね。 某芸能人も、確か前輪のみブレーキ...

なかなか凄い意見を頂いたのですが、「法律を破るカルチャー」なんだそうです笑。
反体制派かなんかですかね?笑

法律解釈を強引にねじ曲げて正当化しようとする人とかもいますが、法律解釈を強引にねじ曲げられた結果とんでもない事態に陥り、何年も裁判するはめになった身からすると、信じ難い。

「これくらいはいいじゃん」という意識が、どんどんどんどん拡大されていき、クソみたいな状況に陥り迷惑になる。
「これくらいいいじゃん」という意識がクソなんだよな。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…