PVアクセスランキング にほんブログ村

交換後一年、走行距離数十キロのタイヤは交換すべき?

あまり詳しくは書けないのですが、読者様から以下のような質問を頂きました。

読者様
読者様
交換して一年、走行距離が数十キロのタイヤは交換すべき?
某ショップで交換すべきと言われまして…

んー…

普通なら

タイヤもゴムなので劣化するとはいえ、

管理人
管理人
室内保管で新品同然のタイヤがそんなに劣化するとは思えないし、深い傷や穴が空いてないならとりあえずそのままでいいんじゃね?

ヒビ割れが酷いとか、深い傷があるとか、穴が空いているとかなければそのまま使うかと。

たぶんこういうのって、「タイヤ買えたのいつですか?」と聞かれて「3ヶ月前」とか答えれば、交換不要と判断される。
タイヤゴムの劣化なんて目に見えるようなものではないし。

得体の知れない中古車のタイヤとかなら別だけど、なんだかなあ。

ただまあ、交換目安をどこに置くのかについてはショップの人でも全く基準が違うので、その人にとっては一年というのが問答無用の交換時期なのかもしれません。
ギリギリまで使い倒す派、とにかく安全マージンを多く取る派など様々ですし。

新品タイヤを一発目のライドでオシャカにした実績を持つ私としては、明確な劣化が見られないタイヤのその後については運なんじゃないかと思うけど。

悲惨ですよ。
新品タイヤ下ろして初日に深い異物バースト。
たまたまパンクしたのがよく行くショップの50mくらい手前で、しかもたまたま店員さんが買い物帰りでバッタリ遭遇。

店員さん「あれ?この前タイヤ買わなかった?」

俺「ええ…タイヤ交換後初ライド中です…」

店員さん「これ、深い穴だからタイヤ交換だね」

俺「涙目」

何か鋭利なものを踏んだみたい。

そりゃ

古いものより新品のほうが安心できるとはいえ、数十キロしか使ってないタイヤを要交換扱いするのも違和感があります。
一年ではなく五年とかならわかるけど。

交換目安はショップ店員さんでも全然違うので、何が正しいのかと聞かれるとなかなか難しいところ。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…