PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]FELT Breed Carbon。カーボン化したグラベルロードの実力とは。

2023年モデル

2023モデルとして、FELTは新型グラベルロードのBreed Carbonを発表しています。

blank
BREED CARBON グラベルレースバイク | Felt公式日本語サイト
全く新しいレースの楽しみ方に適応するために生まれるべくして生まれた新カテゴリー、悪路を素早く切り拓くグラベルレースバイク。

2022年モデルまではアルミフレームでしたが、2023年モデルはカーボンフレームにステップアップ。

2023 FELT Breed Carbon

あくまでもコンセプトは「スピードグラベル」なので、グラベルレース向きに仕上げた一台。
まあ、日本ではグラベルレース自体があまり一般的ではない気もします。

 

ただよくわからないのは、ジオメトリがなぜかまだ発表されていない。
うーん、不思議です笑。

 

一応、グローバルサイトには価格が書いてあります。

コンポ 値段 日本円換算
Sram Force $7,549 USD 約109万
GRX 810 $5,249 USD 約76万
GRX 600 $3,549 USD 約51万
Frameset $2,499 USD 約36万

このブリードカーボンの特徴ですが、まずはドロッパー・レディ・シートポスト。

blank

blank
BREED CARBON グラベルレースバイク | Felt公式日本語サイト
全く新しいレースの楽しみ方に適応するために生まれるべくして生まれた新カテゴリー、悪路を素早く切り拓くグラベルレースバイク。

振動減衰スリーブを使い、27.2mmのドロッパーシートポストを使える上、振動減衰スリーブを外せば30.6mmのドロッパーシートポストも利用可能。
ドロッパーポストと言えばシートポストを固定しながらも上下にサドル高を変更可能なアレです。

 

BBはT47スレッド式。
最近スレッド回帰運動があるのはいい傾向ですよね。
誰ですか?圧入とか考えたのは。

 

トップチューブには専用のツールボックスを装備可能。

blank

blank
BREED CARBON グラベルレースバイク | Felt公式日本語サイト
全く新しいレースの楽しみ方に適応するために生まれるべくして生まれた新カテゴリー、悪路を素早く切り拓くグラベルレースバイク。

その他、BB下やチェーンステイ下には、専用のゴム製プロテクターがついて小石などの巻き上げからフレームを守るようです。
これはちょっと嬉しいポイントかも。

 

とりあえず、日本での販売価格なとはまだ不明です。
エアロ最適化ともありますが、グラベルロードももはやエアロの時代なんでしょうか。

フェルトの立ち位置

フェルトって勝手な印象なんですが、近年話題にあまり上がらない(←失礼)ような気がしてまして、日本での人気や話題性は新興ブランドにやや押され気味な気がしてまして。
モノは確かなブランドですし、なんかもったいないような。

 

まあ、近年は新興ブランドがいろんなところにばら蒔いて話題作りに力をいれているので、そういうことはしないブランドですもんね。

 

以前は7005アルミを使ったレーシングフレームとかも力を入れていたように思いますし、フェルトのクロスバイクもまあまあ見かけた気がします。





コメント