スポンサーリンク

[2023]コルナゴが「史上最速のモノコック フレーム」V4-RS を発表。

2023年モデル

コルナゴがここにきてニューバイクのV4RSを発表しました。
「史上最速のモノコックフレーム」だそうな。

2023 Colnago V4RS

 

blank
Colnago V4Rs
The Colnago V4Rs is the results of years of research and tests in the World Tour. Improved stiffness, better aerodynamics, weight decrease. This bike is built t...

V3-RSの進化形にあたるわけですが、剛性、空力、軽量化というロードバイク三本柱を軸にアップデート。
まず空力ですが、ヘッドチューブの形状の見直しやColnago CC.01ハンドルバーの採用で空力性能を向上。
時速50km/h、ケイデンス90rpmでV3-RSと比べ17.5 w軽減。

 

blank
Colnago V4Rs
The Colnago V4Rs is the results of years of research and tests in the World Tour. Improved stiffness, better aerodynamics, weight decrease. This bike is built t...

軽量化については、フレーム重量については前作のV3-RSよりもわずかに重くなりましたが、フォーク重量が軽量化。

V3-RS V4-RS
フレーム重量 795g 798g
フォーク重量 390g 375g
モジュール全体(フレーム、フォーク、ハンドルバーなど) 1715g 1668g

ハンドルバー単体だと、以前のハンドルバーと比べて前面面積が-17%、剛性が+5%、重量は310gとなっています。

 

ジオメトリで比較します。

V3 42S V4 420 V3 45S V4 455
リーチ 368 370 375 375
スタック 514 510 520 522
水平トップ 501 504 514 517
ヘッド長 113 103 114 114
ヘッド角 70,6 70,6 71 71
シート角 75,50 75,50 75,00 75,00
リアセンター 408 408 408 408
BB下がり 67 72 70 72
V3 48S V4 485 V3 50S V4 510
リーチ 380 383 382 388
スタック 525 539 542 557
水平トップ 526 535 537 550
ヘッド長 117 130 132 148
ヘッド角 71,5 71,5 71,6 71,8
シート角 74,50 74,50 74,00 74,00
リアセンター 408 408 408 408
BB下がり 71 72 72 72

ジオメトリとしては大きく変えた印象でもないのですが、8サイズ→7サイズになっています。
なので比較する上では、V4の485に対しV3の50Sが対応すると見たほうが良さそう。

 

お値段は

デュラエースDi2(パワメ付き)で15,260ユーロ。
日本円換算だと221万くらいでしょうか。

 

まあ、最近は200万オーバーでも驚きも少なくなりましたが、正確な値段は今後発表されるでしょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました