【2020モデル】速報!コーダーブルームが第3世代ディスク車、STRAUSSを発表!

コーダーブルームの2020年モデルは、新車種が登場です。

コーダーブルームのアルミフレームというと、FARNA SLとFARNA SL2が有名です。
どちらも軽量アルミフレームで、SLはレーシーな剛性感あふれる乗り味が特徴、SL2はSLよりも剛性を落としたモデルですが、ディスクブレーキ車としてSTRAUSS(ストラウス)を発表しました。

2020 コーダーブルーム STRAUSS

ストラウスのラインアップですが、以下の通りです。

車種名 分類 フレーム素材 定価(税別)
STRAUSS PRO フレームセット カーボン 248,000
STRAUSS アルテグラ ロード完成車 アルミ 275,000
STRAUSS 105 ロード完成車 アルミ 199,000
STRAUSS ティアグラ ロード完成車 アルミ 158,000
STRAUSS ソラ ロード完成車 アルミ 119,000
STRAUSS FLAT10 フラットバーロード アルミ 109,000

まだ詳細は不明な点も多いのですが、どうも105完成車のタイヤは、コンチネンタルのGP5000らしい・・・

ティアグラ完成車も油圧ディスクの模様。

しかもフラットバーモデルもあり、なぜかフロントシングルになっているようです。

コーダーブルームのクロスバイクってやたら軽量性にこだわっているのが多いのですが、RAILシリーズってやたらとリアセンターが大きく、450mmもあるんですよね。
どうもあの乗り味が好きじゃなかったのですが、ロード用ジオメトリでフラットバーロードを出してきたので、俊敏な走りが期待できそう。

※RAILシリーズのリアセンターが長い件について、よくわからないイチャモン付けてくる人がいるのですが、それについてはまた後日。

詳細はわかり次第追記します

このストラウスで気になる点と言うと、フレームの重量、完成車重量はどうなのか?という点ではないでしょうか。
FARNA SLはフレーム重量1100gと軽量でありながらも剛性が高いことで知られ、これそのままでもレースに使えそうな一台です。


恐らくはFARNA SL(2)の流れで軽量アルミになっているのではないかと予想しますが、詳細はもうちょっとお待ちを。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする