ロードバイクのディスクブレーキで大怪我!大事故!とうとう恐れていた事態が現実に!

近年、各コンポメーカーが推進してきたロードバイク用のディスクブレーキ。
キャリパーブレーキだったロードバイクをディスクブレーキにするには、リアエンド幅の拡張やフレーム設計の見直しが必要で、フレームメーカーもシマノなどの動きに追従するようにディスクブレーキ搭載のロードバイクをリリースし始めていました。




しかしながら選手には反発も多かったのが現実。
主に以下の二点から、ロードバイクのディスクブレーキは危険との声が挙がっていました。

制動力の違い

集団走行しているときにキャリパーブレーキ車とディスクブレーキ車という、制動力が全く違うものが混在すると、落車につながる危険性がある。

ディスクローターの危険性

むきだしのディスクローターは刃物と同じであり、落車時に高速で回転する刃物が選手に突き刺さり、致命傷を負わせる可能性が高い。

これらの理由から選手側はディスクブレーキ車を否定的でした。
しかし、ジャイアントのDEFYなどはディスクブレーキ車しかない状態になっていて、メーカーからの圧力に屈する形でUCIもディスクブレーキ車を解禁してきていました。(DEFYのうち、低価格のものはキャリパーブレーキもある)

ところが2016年パリルーベにてディスクブレーキ車が選手に大怪我を負わせる事態になってしまいました。
パリルーベといえば、石畳のガタガタ道をロードバイクで駆け抜けるレースで、毎年落車率はほかのレースに比べて格段に高いレースです。

フランシスコ・ヴェントソ(モビスター)は、落車時にほかの選手のディスクローターが足に突き刺さり、骨が見えるくらいの裂傷を負いました。
緊急手術が行われ、さらに追加で手術が行われる予定だそうです。
これはディスクブレーキでなければもっと軽度の裂傷で済んだはずです。

高速で回転し、さらにブレーキングで熱を帯びたディスクローターが、身体に刺さったらどうなるのか?
電動ノコギリで身体を刻まれるような状態ですね。

これが例えば首に刺さったら、頸動脈を切って即死の可能性すらあります。

ロードバイクは各部がむき出しで、ほかにも例えばチェーンリングなども凶器になりえます。
ただしアウターにギアを入れている状態では、チェーンリングにチェーンがかかっていますから、そこまでの怪我にはならないでしょう。
インナーにギアを入れていたら、アウターはむき出しですが、インナーに入っているとこいうことはスピードが出ていないわけですから、まだマシです。

UCIは暫定的に、ディスクブレーキを禁止にしたようですが、これをきっかけにディスクブレーキは禁止になる可能性もあります。
これからロードバイクを買う人にとっては、今後のパーツの供給性を考えたら、ディスクブレーキは選ばないほうがいいと思われます。

怪我をした選手の一日も早いレース復帰をお祈りします。
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=21277




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up