ついにきた!!10速ホイールに付けられるシマノ11速スプロケ,CS-HG800-11。

ちょうど今日、10速ホイールとか10速スプロケの記事を上げたばかりですが、今まではシマノ10速ホイールは11速化不可能とされてきました。
ほかのホイールメーカーは11速代替フリーボディなどを販売しているのに、シマノだけは頑なに10速ホイールは11速不可能・・・




そんなシマノから、10速ホイールでも使える11速スプロケが販売されます。

その名はCS-HG800-11

シマノ CS-HG800 11S 11-34T ICSHG8001111134
シマノ
売り上げランキング: 14,473

シマノサイトによると、CS-HG800はアルテグラグレード(R8000)のようです。

このスプロケですが、11速ホイールに使うときには1.85mmスペーサーが必要です。
もうこれでおわかりですね。
10速ホイール、例えばWH-7900などにこのスプロケを使うときは、スペーサーなしでそのまま突っ込めばいいんです!!
つまり、10速ホイールにも使える11速スプロケですよ。

シマノ互換性表を見ても、ロード11速コンポであるR9100デュラ、R8000アルテグラ、5800の105すべて互換性ありになっています。
2017-2018_Compatibility_v027_jp

CS-HG800-11のスペック

モデル名 CS-HG800-11
重量 335g
歯数 11-34

歯数構成は11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34です。
ローギアが34Tなので当たり前ですがリアディレーラーがGSである必要があります。
デュラエースR9100だとローギアは30Tまでしか対応せず、105のリアディレーラー(5800)だとロー32Tまでしか対応しません。
6800アルテグラのリアディレーラー(RD-6800-GS)でもロー32Tまでしか対応していないので、今現在このスプロケに対応するRDはR8000のロングケージ(RD-R8000-GS)のみですね。

参考までに、R8000のスプロケの重量です。

11-25 232g
11-28 251g
11-30 269g
12-25 243g
14-28 300g
11-32 292g

歯数が大きい=ギア板の直径が大きいので、当然ですが重くなります。
そんな中、CS-HG800の335gというのは結構重く見えますね。
11-25Tと比べると100g以上の差があります。

といってもスプロケの重量で走りが変わるわけではなく、走ってみて【うわっ!重い】と感じ取れる人は皆無でしょう。

難点は11-34というワイドギアのみ

10速ホイールユーザーに待望の一本!と言いたいところですが、歯数は11-34Tという超ワイドギアのみです。
正直、ロードで34Tは要りますかね・・・

最近はプロ選手も32Tとか普通に使っていますが、これは山岳限定のスプロケです。
平坦で11-32Tとかを使う選手はいないでしょう。

最初に書いたように、10速ホイールユーザーには超魅力的なスプロケなのかもしれませんが、歯数を見る限りは全く魅力を感じないスプロケでもあります。
ヒルクライムばかりする人限定スプロケという印象です。

シマノのことなので、サードパーティ製の【10速ホイール用の11速スプロケ】みたいな変速性能の悪さはないと思いますが、これは誰かが試してみないとわかりませんねww

エ〇コなども【10速ホイール用の11速スプロケ】を出していますが、かなり変速性能は落ちます。

かといって、同じアルテグラグレードのCS-R8000にほかの歯数が豊富にあるので、イチイチCS-HG800としてほかの歯数を出してくるとは思えません。
なので7900ホイールなどで11速スプロケを使いたい場合、シマノ純正スプロケとしては唯一のモノになりますね。

11速コンポユーザー(R9100、9000、R8000、6800、5800)ユーザーがこのスプロケを使いたい場合、RDとスプロケとチェーンを交換すればそれでいけます。
チェーンは長さが足りなくなるという意味での交換です。

シマノ CN-HG901 11S 116L ICNHG90111116
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 479




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up