【2018年モデル】MERIDAのREACTO400。アルミフレーム&105でエアロなニクイ奴。

メリダの大人気エアロロード、リアクトは2018年モデルでも継続です。
リアクトについては2018年モデルから、フレーム自体が変わりました。



そんなリアクトの中でもアルミフレームでお手ごろな値段のREACTO400をご紹介いたします。

2018 REACTO400のスペック


メリダ 2018年モデル REACTO 400 / リアクト 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】【送料無料/沖縄離島除く】【smtb−k】【kb】

今期からフレーム形状が少々変わり、前作のリアクトよりも空力が向上しているとのこと。
パーツスペックはこんな感じです。

フレーム アルミ
フォーク カーボン
クランク FSA ゴッサマー 52/36
FD,RD 105
スプロケ 105 11-28
ブレーキ 105
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
重量 9.2キロ

現時点で分かっているスペックです。

※わかり次第追記します。
追記しました。

フレーム以外は大きな変更はなさそうな印象ですが、一説によると重量が8.9キロ(正式な発表ではないので合っているかは不明)です。
前作が9.4キロだったので、もしこの重量が本当ならばかなりの軽量化に成功している模様。

メーカー発表値は9.2キロでした。なので2017年モデルとの差は200gです。
これはフレーム重量の差なのかと推測されます。

カラーリングはダークブルーとマットシルバーの二つ。

ダークブルーのレプリカカラーが人気が出そうですね。

エアロロードはほとんどがカーボンフレームで、アルミフレームのエアロはほとんどありません。

なのでリアクト400というのは、低予算でエアロフレームに乗りたい人の救世主と言っていいでしょう。

2017年モデルのリアクト400と比較


MERIDA(メリダ) 2017年モデル リアクト 400 / REACTO 400【ロードバイク/ROAD】【送料無料!】【※フロアポンプ プレゼント♪(無くなり次第終了)】

※上の画像は2017年モデルです。

2017 2018
フレーム アルミ アルミ
フォーク カーボン カーボン
クランク FSA ゴッサマー 52/36 FSA ゴッサマー 52/36
FD,RD 105 105
スプロケ 105 11-28T 105 11-28
ブレーキ 105 105
ホイール メリダオリジナル メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold Maxxis Dolemites 25 fold
重量 9.4キロ 9.2キロ

こんな感じです。

重量については確認が取れていませんが、某サイトでは8.9キロと書いてありました。

実際は9.2キロとメーカー発表がありましたので、前作と比べて200gの軽量化に成功している模様です。

リアクト400の乗り味

リアクトは見てわかるようにエアロロードです。
このバイクの持ち味は空力の良さであり、空力を追求しているために独特のフレーム形状になっています。

弱点としては重いということです。
そのため、平坦向きのバイクであって、ヒルクライムには向かないと考えていいでしょう。

乗り味は硬め。
その分、アルミの剛性を活かした加速性は高いし、高速域での巡航はかなりよい。

エアロロードなので、どうしても得意分野は偏ったバイクになり、決してオールラウンドとは言えません。
リアクトについては見た目で選ぶ人も多いので、見た目で気に入ったならそれはそれで買いだと思います。

ただし用途が合わない(ヒルクライムしたいなど)のときは、違うバイクをオススメします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up