TIMEのカフェクリートにクリートカバーをつける裏技

TIMEのペダルは独特のフローティング機構があり、わずかに左右に動くため膝に優しいペダルと言われています。
他社に比べても圧倒的に軽量なので、人気がありますね!



ペダルの主なメーカーはシマノ、ルック、タイム、スピードプレイがありますが、機構的には「タイムと、それ以外」に分類されます。
シマノとルックは基本的に同じです。
最近はマヴィックもペダルを出していますが、これはタイムと全く同じものです。カラーリングが違うだけと考えていいです。そのため、タイムとマヴィックはクリートも共通。
スピードプレイはまたちょっと独特で人気があります。

road-bikes-1562929_1280

タイムユーザーの最大の悩みなのですが、クリートが擦り減るのが著しく早い!
まともに使うと、半年持ちません・・・
歩きやすいことも売りにした「カフェクリート」なので、確かに他社よりは歩きやすいですが、半年もすればボロボロです。
しかも、タイムはクリートカバーを販売してないんです・・・

2017年4月追記
一応、クリートスキンズからタイム用のクリートカバーが販売されていますが、どういうわけか入手困難です。

クリートスキンズ クリートグリップス(タイム用) ブラック
クリートスキンズ
売り上げランキング: 4,013

1470645270856
これはほぼ新品状態のカフェクリート。
使用は一回だけの状態です。

これが半年後には無残な姿に変わってしまうのですが、シマノ用のクリートカバーを改造することでタイムのカフェクリート用のカバーにできます。
1470645291036
シマノ用のクリートカバーなら、安いし入手しやすいんですよね。
さすがはシマノ。

クリートカバーの後部をカッターで切ります。
左右の出っ張りがカフェクリートだと当たってしまうので、大胆にカット。
ゴムが固いので切りにくいですが、思い切って切ってしまって大丈夫です。
1470645281524

カットしたら、カフェクリートにきちんと嵌まるか確認。
1470645299855
もうちょい左右を深くカットしたほうが嵌めやすかったかも。




実際に歩いてみた感想ですが、そもそもカフェクリートは歩きやすいので、クリートカバーを付けたから歩きやすくなるという印象はないです。
それよりもクリートが擦り減るのを抑える効果を期待しましょう。
もちろんですが、これを付けたから歩きにくいということもありません。

私の個人的な感想ですが、タイムのペダルは、シマノよりも耐久性があるように感じます。
タイムは自分でベアリングの調整ができないのが問題点としてありますが、使い始めてから早3年、何ら問題が出ていません。

これの前はシマノのアルテグラペダルを使っていましたが、どういうわけか半年もするとベアリングから異音が止まらなくなりました。
調整すれば消えるのですが、また半年後に異音発生。
製品の初期不良を疑って、同じペダルをもう一個買ったことがありますが、それも半年くらいで異音発生したので、そういう商品なんだと思いました。

不思議なもので、ネットで検索すると、真逆の意見も見かけます。
ですが、同じアルテグラペダルを2個もおかしくした経験と、タイムは3年たっても異音なし、という事実からタイムを勧めています。


TIME XPRESSO4ペダルの詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up