【リコール情報】スペシャライズドのALLEZ ELITEとALLEZ SPORTのフロントフォークに不具合が!

スペシャライズドの2018年モデル、アレーについてフロントフォークの不具合によるリコール情報が出ています。
対象車種にお乗りの方は、即座に乗車を中止してくださいとのことです。



アレーのリコール情報

スペシャライズドのHPによると、対象車種は以下の通りです。

・2018年モデル ALLEZ ELITE

・2018年モデル ALLEZ SPORT

該当車種のフロントフォーククラウンに製造上の不具合があり、即時使用を中止してくださいとのこと。
なお代替フォークの製造を行っているようですが、時間がかかるそうです。

なお、この件では全世界で事故の報告はないそうです。
http://ibd.specialized.com/media/whatsnew/2018ALLEZ%20SPORT%20ELITEfinal20171214.pdf

フォーククラウン?

フォーククラウンというのは、フォークが二股に分かれている繋ぎ目のことです。
ここの不具合があるというと、割れたら爆死しそうですね。

今年はビアンキもフォークのリコールがありました。

【重要】ビアンキからリコール情報が出ているぞ!

メリダもリコールがありました。

【重要】MERIDAからリコール情報が出ているぞ!!

過去にあったビアンキ事故以降、各社早めの対応という感じがします。
何かあってからでは遅いですからね。

2018年モデルのアレーに乗っている方は、即時乗車は中止しましょう。
何かあってからでは遅いですよ。

個人的には、こういう件についてはスペシャライズドのHPのトップに載せるべきだと思うのですが、結構わかりづらいところに書かれています。

ついでなので過去にあったビアンキ事故について。
これについて知らない人もいるかもしれませんが、ビアンキのサスペンションフォークがついているクロスバイクに乗っている人が、走行中にサスペンションフォークが分離してすっぽ抜けて転倒し、頚髄損傷で首から下の完全麻痺になったという事例です。
当時はビアンキに乗っているだけで、一般人からも白い目で見られたのですが・・・
(私も前のロードバイクはビアンキでした)

この事故についてはいろんな見方があるので評価はしませんが、フォークが破損すると重大事故につながります。
転んで痛かったで済む話ではありません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up