ショップ店員の本音と建前。

ずいぶん前ですが、あるロードバイクを試乗しに、ショップに行った時の話。
そのショップに行くのは初めてです。

その時にショップ店員さんが語ったことに、結構な違和感を感じまして。



やり取り

乗りたかったのは某社のアルミバイクです。
このアルミバイク、ネット上ではものすごく評判がよく、さらに前年モデルよりも大幅に軽量化されてモデルチェンジしたというロードバイクでした。
そのショップのサイトでも、そのニューバイクを絶賛するような記事がありました。

いつものように、試乗するときはロードバイクで行きます。
理由はポジション合わせしやすい(サドル高など)ということや、ビンディングペダル使って試乗したいからです。
なのでLOOKで行きます。
LOOKの取り扱いがないショップにLOOKで行くのってなかなか勇気がいるのですが、この時は良ければ本気でセカンドバイクとして買おうと思っていたこともあり、普通にLOOKで行きました。

俺 【Xの試乗ができると聞いたのですが、できますか?】

ちょうど今空いているので大丈夫ですよ。
ビンディング使いますよね?

俺 【お願いします。なんかすごく軽量化されてネットでかなり評判がいいと聞いたので、ぜひ乗ってみたいと思ってまして。】

先に言ってしまいますが、そのLOOKと比べないほうがいいですよ。
だいぶ落ちます。

俺 【あれ?そうなんですか??
LOOKといっても最下層のエンデュランスバイクですよ。
30万しないくらいですし。】

確かに前のモデルより大幅に軽量化されましたが、この価格帯の中ではいいというだけで、正直カーボンフレームと比べてしまうと
だいぶ落ちますね。
このブランドで探すなら、カーボンフレームをオススメします。

この時、この店員さんがこのように言ってくる真意をイマイチ把握しきれていませんでした。
本気でさほど良くないと言っているのか、カーボン車を買わせたいからこのように言ってくるのか。
このショップは取り扱いブランドが少なく、今回希望した試乗車もこのショップの中では一押しブランドなのは知ってました。
なので店員さんの真意がどこにあるのかなと思いながらも、とりあえず試乗してみたわけです。

イマイチだったでしょ?

試乗を終えて帰ってきたときに、店員さんが言った一言が結構衝撃的でした。

お疲れ様です。
どうです?
LOOKに比べるとだいぶ落ちますよね。
エントリーグレードのアルミですからね。

えっ?と違和感を感じました。
なんでこの店員さんは、自信を持って売り出しているロードバイクに否定的なのだろうと。

俺 【いや、悪くない感触でしたよ。
乗り心地良かったですし。】

(注:実はそれほど良くなかったというオチなんですが、とりあえず振動吸収性は良かったので)

こう告げたら、今度は一転して販売攻勢に。

この試乗車だとお客様には小さすぎるので、適正サイズは〇×くらいでしょうね。
アルミでセカンドバイクという方もいますしね。

どっちやねん!と思いながら、とりあえずはお礼を言ってショップをあとにしました。

本音と建前

いろいろ会話して思ったのですが、この店員さんはどうもこのアルミバイクを全くと言っていいほど評価していないんだなと感じました。
自社サイトでは絶賛しているのですが、どうも本音は別のところにあるようで。

実はこの試乗車、正直な感想でいうとさほどいいとは思いませんでした。
ただし評価している方もいるので、きっと自分には合わなかったというだけの話で、ダメバイクだとは思いません。

ショップの店員さんが、ここまで評価していないという事実に結構驚きました。
話を聞きながら、相当違和感を感じましたので。

ネットでは、様々な情報が飛び交っています。
その中にはただのコマーシャルなのに、ネット上の有名人などを起用してインプレを書かせるという手法が流行りました。

【〇×さんが絶賛していた】という情報を元に、どれを買うか決める人もいると思います。
それで満足したならそれでOKです。
ですがネット上の記事というのは、意外と複雑なシガラミがあったりします。

前にも書きましたが、一番当てにしてはならないのは、自転車業界関係者のブログです。
どうしてもメーカー側と利害関係が発生するので、思っていることは書けないものです。

本当にオススメのロードバイクって何なのかというのは難しいところですが、最近思うのは巧みな広告を鵜呑みにしている人って結構多いなと感じます。
その結果満足したならいいでしょうけど、情報はきちんと見極めましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする