ロードバイクは車道の邪魔者?迷惑と言われるロードバイク乗りがすべきこと。

ロードバイクは車道を走る乗り物ですが、正直なところで言うと、自動車のドライバーの中にはロードバイクは邪魔と思っている人も一定数います。
気持ちはわからなくないところです。
車のドライバーからすれば、追い越ししづらいですし、危ないと感じる人もいます。




昨年、原付に乗ったオバサンから、罵声を浴びたこともありました。

【自転車は歩道を走りなさい!それが法律です!】←なぜか激怒する原付を警察へ。

この問題、ちょっと根が深いなと思ってまして。

法的な問題と現状

まず法的な問題のおさらいから。

ロードバイクは当然ですが軽車両です。
一定の条件下では歩道を走ることも許されていますが、原則としては車道を走ることが求められています。

※一定の条件下というのは、【自転車走行可】の標識がある歩道、もしくは車道を走ることに危険があると客観的に認められる場合です。

ただし、多くのロードバイクは、車道しか走らないと思います。

車道においては、自動車もオートバイもロードバイクも、基本的には対等な関係です。
原付の場合、法定速度は30キロですが、ロードバイクの場合は実は法定速度と言うのは自動車と同じになります。
実際に車と同じ速度を出せる人はそんなにいませんが・・・

同じ車道を使いながら、迷惑だと感じるドライバーもいるわけです。
これについて、【そんなの知るか!】と思う人もいるでしょうし、なるべく車に配慮して走ろうと思う人もいるでしょう。
どっちが正解とは思いませんし、人それぞれ考え方があると思うのですが、現実問題としては、狭い国土の日本にて同じように車道を使っている立場なのは間違いなく、ヨーロッパのように自動車専用レーンを作ることも、現実的にほぼ不可能なことも皆さんおわかりでしょう。

現実的にほぼ不可能と言うのは、現行の車道から自転車専用レーンを作るだけの余裕がないということがまず1つ。
複数車線がある道路で、1つレーンを潰して自転車専用にすれば、渋滞の問題が起こるということ。
予算上の問題。

このあたりから見て、日本全国に自転車専用レーンを整備するのは無理でしょう。

現実問題として、狭い車道を走っているロードバイクについて、追い越しできないし邪魔と思うドライバーは一定数います。

当サイトのオススメは

これは以前にも書いたことですが、当サイトではなるべく車に配慮した乗り方、車を優先させて先に行かせる様な走り方を推奨しています。

こう書くと、車に対して媚びへつらうのと勘違いされてしまうことがあるのですが、そういう意味ではありません。
あくまでも自分自身の安全を最優先することで、自然と邪魔者扱いされづらくなるというだけの話です。

というのも、ロードバイクが車との関係で事故を起こしやすいのは、車がロードバイクを追い越しするときです。
片側一車線の狭い道路などで、後ろにいる車はロードバイクを追い越しできなくてイライラしています。
その状況が【ロードバイクって邪魔】という発想につながります。

強引に追い越ししようとして幅寄せ喰らうとか、接触されるのは怖いので、後ろで追い越し出来なくてイライラしている雰囲気を察知したら、先に車を行かせるようにしたほうがはるかに安全です。
信号待ちなどで、一度歩道に乗り上げて車を先に行かせるとか、そういう配慮です。

特に後ろにトラックなどの大型車がいるときは、このように大型車を先に行かせると、感謝されます。
手で合図してくれたりなど。

こうすれば自分も安全だし、邪魔だとも思われづらいので一石二鳥です。

法的なことを言うと、ロードバイクは道路の左端を走る必要があります。
しかし、複数車線がある道路では、実は法的には必ずしも左端を走る必要はなく、一番左側のレーン内ならどこを走ってもいいことになっています。

道路交通法第18条

第十八条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

一見すると、軽車両であるロードバイクは左端を走らないといけない、と思いがちですが、実際には【車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き】という注釈が付いています。

道路交通法第20条

第二十条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

車両通行帯がある道路では、軽車両は第一通行帯(一番左のレーン)を走ればいいと解釈できるので、一番左のレーン内なら左端に寄らなくても違反ではないというのが法律なのですが、現実問題として、左端にロードバイクが寄っていないと邪魔と思われます。
法的な建前は置いといて、一番左端のレーン内で堂々と真ん中を走ったりすると、普通の感覚で言うと邪魔なわけです。

法律上許されているからいいんだ!と思って走ると、世間一般では邪魔者扱いされます。

邪魔者と言われて喜ぶようなドMな人は知りませんが、出来ることなら車もオートバイもロードバイクも、車道で仲良くしたいところですよね。
無駄な争いを起こしたい人はいないでしょうし。

そういう意味からも、なるべく車のドライバー目線に立って、車を優先させるような走り方をしたほうが、ロードバイク側も安全だし文句も言われにくいというのが私の考え方です。

ちょっとややこしい法律があります。

(他の車両に追いつかれた車両の義務)

第二十七条 車両(道路運送法第九条第一項に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第五条第一項第三号に規定する路線定期運行又は同法第三条第二号に掲げる特定旅客自動車運送事業の用に供する自動車(以下「乗合自動車」という。)及びトロリーバスを除く。)は、第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度(以下この条において「最高速度」という。)が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

2 車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第十八条第一項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

これは道路交通法の規定です。
問題なのは2に書かれているほうで、最高速度が高い車両に追いつかれた際は、出来る限り道路の左端によって進路を譲らないといけないとあります。
最高速度というのは法定速度の話なので、車とロードバイクは法律上は最高速度が同じです(現実の走行での速度差は当然ありますが)。なのでここでいう最高速度が低い車両というのは、原付などを指します。

そのあとの文章で、

最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

このように書かれているので、一応法律上はロードバイクが後ろから来た自動車のほうが速度が速いなら、左端によって譲れと書いてあるわけです。

法律がどうだとかではなくて、特に狭い道などをロードバイクで走行しているときは、後ろの車を優先させたほうがいいことが多いです。
特に後ろに大型車が来ている場合。

追い越しされるときに危険なケースがあり、そして一部のローディは【幅寄せされた!!】と怒るわけですので、危険性回避のためには後ろの車を優先させるようにロードバイクに乗ったほうが安全だという話です。

危険性回避のために

正直なところ、一部のドライバーからは、ロードバイクが邪魔だと思われていることは確かです。
その一部というのがどれくらいなのかはわかりません。

私の意見としてですが、そういうドライバーを満足させるために、媚びへつらうために車を優先すべきという話では全くありません。
あくまでもロードバイク目線で、自分自身の安全性を最大限確保しようとすると、危険な追い越しされて危ない目に遭うくらいなら、後ろの車を優先すべしというだけの話になります。

それが結果的に、ドライバーからも好印象になるというだけの話で、ドライバーからの好印象というのは狙っている話ではありません。

これが問題になるのは、交差点などでの信号待ちです。
普通に巡航しているときにはなかなか停止して後方車両を優先するのは難しいですが、信号待ちの際に後ろに大型車がいる場合、先に行かせるという工夫です。
もちろん、無意味にすり抜けして先頭に出るのも、結果的に危険な目に遭う確率が上がります。
速度差で車のほうが速いわけですので、ロードバイクが先頭に出ても、車が追い越ししないといけませんので。

狭い道自体を走らないというのも一つの手段ですが、何らかの理由で狭い道で赤信号になった際は、私は後ろの大型車を確認して、一度歩道に乗り上げるとかして、大型車に先に行くように促します。
これをする理由は、単に怖いからです。
結果的に、大型車のドライバーから喜ばれることが多いのですが。

狭い国土の日本で、これ以上道路を拡張するべきだとか、自転車専用レーンを整備すべきだというのは、全く現実性がない意見だと思ってます。
この道路設計で既に出来上がっているわけですから、その道路で車、オートバイ、ロードバイクなどがいかに共存して安全に乗れるかを模索するしかないというのが、私の意見です。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REZZA M/L (頭囲 57cm~60cm)
OGK KABUTO(オージーケーカブト) (2017-03-24)
売り上げランキング: 804




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小林 より:

    私は群馬なのですが、先輩は自転車が走りやすい道を知っています。なので感謝していますし、経験は大事だとおもいます。

    別の話ですが、最近新しく道路拡張したところがあるのですが、車1車線分の幅と歩道の幅がほぼ同じです。広い歩道で車道が狭いです。 自転車通行可の歩道だと思うのですが、路肩がほとんどありません。 こんな方針なのでしょうか?

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      道路設計の方針はよくわかりませんが、その件は一度行政側に理由を聞いてみたいところですね。
      機会がありましたら、聞いてみて貰えるとありがたいです。

  2. オカルマ より:

    車列2、3台でもトラック1台分の道路を占有するから、道路を共有しているという意識と防衛行動を常に心がけていれば、おのずとその行動はドライバーからは認証される可能性が高くなりリスク回避になると思います。