自転車界、それなりにヤバイと思う話をいくつか。

ここ最近で気になった自転車界の、ヤバイと思うことがいくつかありましたので、個別に記事にするのも面倒だったのでまとめます。

正確には自転車界といっても、いわゆるギョーカイの話ではないのですが。

XTRハブ、ラジアル組?

オープンプロUSTに古いXTRハブで組んだ、エンド幅135mmのリムブレーキ仕様の手組ホイールのようですが、古いシマノハブは原則としてラジアル組が禁止されています。
また、スポークの通し方がヌポーク(某ラボ用語)で内側から外側にスポークを通す方向で組んであるのですが、ラジアル組禁止のハブはそもそもハブのフランジにラジアル組に耐えうる強度がないから禁止されている上に、ヌポーク組だとさらにハブフランジに対して負荷がかかるので、こういう危険なホイールは使ってはいけません。

スポーク数がそれなりに多いホイールなので即座に壊れるとは思いませんが、ブレーキングしたときのハブフランジへの負荷の掛かり方がメーカーが想定している負荷よりもはるかに大きいだろうと思われ、下手するとホイールがバラバラになりかねません。

当サイトでは、一貫してメーカー非推奨の組み合わせについては書かないことにしています。
例えば、メーカー的には互換性がないとしている組み合わせであっても、実際には使えるレベルに出来るコンポの組み合わせなんていくらでもあるのですが、大切なのはメーカーが推奨している互換性というのは、それを守って適切に取り付けているなら、ある種の保証が効いているとも言えるわけで。

貰った方は、到着次第バラバラにしてリムだけ使うか、組みなおししたほうがいい案件です。

お客さんもいろいろ

いろんなお客さんがいるなぁと思うのですが、あさひで買うのに、他店に問い合わせるというなかなかの実力者さんに当たってしまったようです。

私も自転車屋ではないもののお客さん商売してますが、数年に一回くらいですかね。
これに近いような問い合わせはあります。

最近思うのですが、ショップを電話相談窓口かなんかと勘違いしている方もいるようです。
もちろん、過去に買った商品についての疑問とか、これからそのショップで購入しようとしている方の問い合わせについては問題ないと思うのですが、これはさすがに常識を超えています。

しかし、テキトーにあしらうと、今度はグーグルの口コミに悪いこと書かれたりする時代。
グーグルの口コミについては、言いがかりレベルのものであっても、削除申請してもまず通りません。

お客様は神様だ!という信仰が根強いのかもしれませんが、本来、ショップとお客様は対等な関係であるべき。

私も【あいつは英語も理解できない】と書き込まれて★一つにされたことがありますが、ここはジャパンです。
ジャパンの公用語はジャパニーズで、ネイティブレベルで英語を話せる人なんて極少数です。
最低限のことは英語で会話できますが、複雑なこととか専門的なことを英語で聞かれても、無理です。

自転車屋の口コミを見ていると、相当に理不尽な理由で悪いこと書かれているショップってあります。
工具を貸してくれなかったとか・・・
そのへんの飲食店に行って、ちょっと野菜をカットしたいから包丁貸してくれ!と頼んで、貸してくれるとこなんてないでしょう。
それと同じですよ。

あと、これを理解していないお客さんって多い気がしますが、修理工賃の場合、作業が終了しないと工賃は確定しません。
単に

いろんな人
いろんな人
変速の調子が悪いから見て欲しいけど、変速調整っておいくら?

こういうのも、アジャスター回して解決するレベルなら、多くのショップは1000円程度でしょう。
しかし、実際にはチェーンが伸びすぎだとか、ハンガーが曲がっているとか、チェーンリングの磨耗が酷いとか、ワイヤーが痛んでいるとか、そういう要素でも変速不良は起こります。
そうなると、いろいろ重なれば万単位まで行くこともあるわけで。

ティッシュ騒動、マジで勘弁

騒動でティッシュやトイレットペーパーが品薄で入手困難になってますが、花粉症が酷い私にとっては死活問題とでもいいましょうか。
地獄のような日々でした。

先日は近所に住む友人にお願いして、一箱売ってもらったくらいです。

やっと購入できました。
もちろん、朝から並んでとかではないです。

で、購入して自宅までの間に、何人かのオバチャンから、

いろんな人
いろんな人
それ、どこで売っていた?
まだあった??

いろんな人
いろんな人
そのティッシュ、私に売って貰えませんか?

こんなこと言われてビックリですよ。
私と同じように、ティッシュがなくて困っていた方かもしれませんが、普通に店にティッシュもトイレットペーパーもたくさんありましたし、誰かが無駄に買い占めとかしない限り、あれだけの在庫がなくなるとも思えません。

そもそもの発端は、ツイッターで誰かがデマを流したからだと聞きます。
マスクのために紙が使われるから、ティッシュとトイレットペーパーの生産が止まるとか、そういうデマだったと思うのですが。

こういうデマを流した人は、逮捕されるべきだと思ってまして、多くの国民やドラッグストアなどの業務を妨害したということで、偽計業務妨害罪で逮捕すべき。
警察に告発して逮捕を求めたほうがいいレベルです。

アカウント削除して逃亡中だそうですが。

あと、業界から【たくさんあるし、そもそもマスク製造とは関係ない】とアナウンスがあっても、集団心理というか、買い占め現象は止まりません。
困っている人はたくさんいるはず。

東日本大震災のときも、なぜか関東でもミネラルウォーターの買い占めだったりいろいろありましたが、ホントやめましょう。

[amazon_link asins=’B072MYJ5JB’ template=’new1′ store=’roadbikenav05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’27b6021e-cde5-4b2a-8d4e-53ffbd131a03′]




コメント

  1. かも より:

    実際に日本の古紙は品質が良いからということで、中国に流れる量は増加傾向のようです。日本の業者より高く買ってくれるらしく。他にも似たような話は多々聞きます。とはいえ、枯渇するほどではないので問題は無いと思います。値上がりは有り得ますが。
    トイレットペーパーは場所を取るので、物はあれど物流がボトルネックのようです。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      なんか廃品回収とかでも、古紙を不正に盗っていく人もいますよね。
      各自治体のそれによる損害は結構大きいとか・・・

      まあ、早く落ち着いて欲しいものです。