SCOTTのロードバイク特集。FOIL、ADDICT RC、ADDICT、SPEEDSTERとあるが、何が違うのか?

SCOTT(スコット)のロードバイクというと、軽量フレームで一世を風靡したCR1などが有名ですが、あまり馴染みが無い人もいるかもしれません。
スコットはスイスの企業で、元々はスキーブランドです。
競技用自転車に取り組み始めたのは1986年、グレッグレモンがツールで乗っていたように、まあまあ古いブランドとも言えます。
2015年に韓国企業に買収されて子会社になりましたが、設計などはスイスで行っているようです。

スコットのバイクには、Syncrosというブランドのパーツが付いてくることが多いですが、このSyncros、元々はアメリカ発のオフロード系パーツのブランドでした。
GT傘下にいたこともあるのですが、今はスコットの傘下にあります。

そんなスコットのロードバイクは、2020年モデルではFOIL、ADDICT RC、ADDICT、SPEEDSTERの4つがあります。
スコットのバイクの名前の特徴ですが、【数字】が小さいほど、グレードが高い。
例えばFOIL10とFOIL20では、前者のほうが上。

FOIL

FOIL(フォイル)はエアロロードで、2020年モデルから全てがディスクブレーキ車になりました。
エアロロードといっても軽量になっており、オールラウンダーとしても使えるエアロフレームです。

2020年モデルでFOILとして売り出されているのは4つ。

フレームコンポ重量値段(税別)
FOIL PREMIUMHMX / IMPカーボンデュラ油圧7.48kg118万
FOIL10HMF / IMPカーボン電動アルテ油圧8.20kg74万8千
FOIL20HMF / IMPカーボンアルテ油圧8.30kg46万8千
FOIL PREMIUMフレームセットHMX / IMPカーボンフレーム970g、フォーク335g48万

FOILプレミアムとFOIL10・20ではフレームのカーボン素材が異なります。
プレミアムではHMXカーボン、それ以外はHMFカーボン。

HMXカーボンのほうが軽くて剛性が高い特徴があります。
なんだかんだ売れ筋としては、お買い得感が高いFOIL20なんじゃないかと思うのですが。

ADDICT RC

ADDICT RCは軽量クライミングフレームですが、2020年にフルモデルチェンジして、リムブレーキ車が全て廃止になり、ディスクブレーキ車のみとなりました。
スコットを代表するかのようなフレームなのがADDICT RCですかね。

軽量性重視なので、より軽量なHMXカーボンを使用し、トップモデルのアルチメイトにはHMX-SLカーボンを使用。

こんなこと書いたら怒られるかもしれませんが、スコットのバイクについては、画像で見るよりも実物のほうが全然かっこいいです。
なんか画像だとイマイチ良さが出てない気がしてまして・・・

車種名フレームコンポ重量価格(税別)
ADDICT RC ULTIMATEHMX SLカーボンSRAM RED eTap AXS6.90kg158万
ADDICT RC PREMIUMHMXカーボン電動デュラ油圧7.12kg128万
ADDICT RC PROHMXカーボンデュラ油圧7.30kg87万8千
ADDICT RC10HMXカーボンデュラ・アルテ油圧7.81kg62万8千
ADDICT RC 20HMXカーボンSRAM FORCE eTap AXS7.90kg59万8千
ADDICT RC 30HMXカーボンアルテ油圧7.95kg46万8千
ADDICT RC ULTIMATEフレームセットHMX SLフレーム790g、フォーク320g46万
ADDICT RC PROフレームセットHMXカーボンフレーム850g、フォーク340g32万

こちらはADDICT RC ULTIMATE TEAM EDITIONのフレームセット。

ADDICT

上と同じく【ADDICT】の名前が付いてますが、上はバリバリのレーシングモデルだとしたら、こちらはエンデュランスバイクです。
軽量性がウリということでADDICTの名前が付いているようです。

レーシングモデルの2つはディスクブレーキ車しかありませんが、こちらはリムブレーキ車とディスクブレーキ車があるのが特徴。

<ディスクブレーキ>

車種名フレームコンポ重量価格(税別)
ADDICT SE DISCHMFカーボンアルテ油圧8.3kg49万9千
ADDICT 10 DISCHMFカーボンアルテ油圧8.26kg36万8千
ADDICT 20 DISCHMFカーボン105油圧8.40kg30万9千

<リムブレーキ>

車種名フレームコンポ重量価格(税別)
ADDICT 10HMFカーボンアルテ7.74kg30万9千
ADDICT 20HMFカーボン1057.96kg26万9千

105完成車で8キロアンダー、30万以下なので、実はADDICT20ってなかなかのお買い得だったりします。
スコットのロードバイクは、総じてタイヤが太めで、ADDICT20は32cタイヤが付いてきてこの重量です。

レーシングモデルだとだいたい28c、エンデュランスモデルだと32cが付いてくることが多いようです。

SPEEDSTER

SPEEDSTERは唯一のアルミフレームで、リムブレーキ車とディスクブレーキ車があります。
スコットのアルミフレームについては、オーソドックスな6061アルミを使用し、軽量アルミフレームと言うよりはオーソドックスなエンデュランスアルミフレームです。

<ディスクブレーキ>

車種名フレーム/フォークコンポ重量価格(税別)
SPEEDSTER 10 DISCアルミ/カーボン105油圧9.70kg19万5千
SPEEDSTER 20 DISCアルミ/カーボンティアグラ機械式ディスク10.22kg14万5千

ディスクブレーキ車にしてもちょっと重いかなと思うところですが、これはたぶん、付いているタイヤ【Schwalbe Lugano 700x32C】もかなり足を引っ張っていそうです。
タイヤクリアランスは32cまで。

<リムブレーキ車>

車種名フレームコンポ重量価格(税別)
SPEEDSTER 10アルミ/カーボン1059.42kg14万5千
SPEEDSTER 20アルミ/カーボンティアグラ9.5kg13万
SPEEDSTER 30アルミ/カーボンソラ9.85kg11万
SPEEDSTER 40アルミ/アルミクラリス10.63kg8万8千

ディスクブレーキ車には32cタイヤがついてきますが、リムブレーキ車は28c。
まあ、完成車のタイヤはどこのメーカーでもあまりいいものが付いてこない上に重いので、仕方ないところ。

注目すべき点はクラリス完成車(SPEEDSTER 40)。
これだけフォークがアルミです。
28cで運用する分にはさほど気にならないかもしれませんが、それより細いタイヤにしようとしたときに、振動吸収清華かなり落ちる可能性があるので、クラリス完成車は28cが前提と思ったほうがいいかもしれません。

それほど軽いアルミフレームではありませんが、耐久性は高い6061アルミなので、通勤通学などでも汎用性が高かったりします。

なおタイヤクリアランスは28cまで。
あるときからフレームが大きく変わって、チェーンステイ長(リアセンター)が422mmとクロスバイクに近いくらい拡張されてます。
かなりエンデュランス色を強くした一台と言えます。
(ディスクブレーキモデルは、なぜか415mmなんですが)

SPEEDSTER GRAVEL

最後はグラベルロードです。
6061アルミフレームを基本として、カーボンフォークをつけたオーソドックスなグラベルロード。

車種名フレームコンポ重量値段(税別)
SPEEDSTER GRAVEL 20アルミ/カーボン105油圧10.04kg20万9千
SPEEDSTER GRAVEL 30アルミ/カーボンティアグラ機械式ディスク10.03kg15万5千

タイヤは35c、ティアグラモデルは機械式ディスクブレーキ。

スコットの特徴

スコットのバイクですが、カーボンフレームについては軽量性が一つのウリで、軽量性と剛性をうまく超さわせたフレームが多い印象です。
あと、スコットジャパンは、比較的多く試乗会をやっているような勝手な印象がありまして、前にも神奈川県の宮ヶ瀬ダムの近くで試乗会をやっていたような。

公道を使って試乗会しているところってあまりないので、実は貴重な存在です。

上でも書いたように、SPEEDSTERのリムブレーキモデルについては、あるときからやたらチェーンステイ長(リアセンター)が拡張され、かなりエンデュランス色が強い一台に変わってます。
カーボンモデルは軽量性に振ったものが多いですね。

たぶん5,6年前くらいだと思いますが、SPEEDSTERにフラットバーモデルもありまして、これがなかなか良くできていたので、いろんなところでオススメされてました。
今よりももうちょっとレーシング色が強い次代のフレームです。
どうも私の中でのスコットというと、SPEEDSTERのフラットバーでして。

買いやすい8万円台のモデルから、100万以上の高額なハイエンドも出るまでそろえるブランドです。
スコットもハイエンドモデルは既にディスクブレーキ車のみです。