FUJIが激おこぷんぷん丸?北米では警察になんて売らん!!

FUJIというと、元々は日本のメーカー日米富士に由来していますが、ちょっとした出来事があったようです。

アメリカで起きた事件なんですが、5月25日に、ジョージ・フロイト氏が警察官に殺害される事件がありました。
これは偽札使用容疑に問われたフロイド氏が、呼吸が出来ないなどと訴えたにもかかわらず、警官は膝で8分以上も首を押さえつけたことで窒息死した事件です。

この警察による残虐行為への抗議運動が広がっているようなのですが、警察が抗議運動を制圧するために行った行動が、FUJIの逆鱗に触れたというところでしょうか。

https://road.cc/content/news/fuji-suspends-sales-bikes-us-police-forces-274197

自転車が武器に

このように抗議運動の制圧のために、警官が自転車を武器、盾として使っているのですが、これがFUJIの自転車だったということのようです。

View this post on Instagram

Fuji’s core values have always been rooted in supporting communities and organizations that are making real change at home and abroad. To hear that there are instances where bicycles have been used as a weapon against those who are vulnerable, those speaking out against the unjust treatment of people of color, and those standing alongside them advocating change, has deeply upset our community, our company and the heart of the Fuji brand. We support many diverse organizations and athletes–not for marketing stories, but because we truly want to make a difference in our community. To have these efforts overshadowed by cases of violence with bicycles is unacceptable. We have seen instances in the last week where police have used bicycles in violent tactics, which we did not intend or design our bicycles for. We had always viewed the use of our bicycles by police, fire, security and EMS as one of the better forms of community outreach. Community police on bikes can better connect with and understand the neighborhood, facilitating positive relationships between law enforcement and the citizens they are sworn to serve and protect. In an effort to make real change, we are beginning a dialogue with police departments nationwide to address how bikes are used in police activity and to ensure that police’s on-bike training reinforces that bicycles are not a weapon against our community. At this time, we are suspending the sale of Fuji police bikes until a conversation with these departments has occurred and we are confident that real change is being made. We also must stand together against the mistreatment and abuse of the Black and Brown community. We will continue to look within our company and our core values to do better because our Fuji family deserves better. We stand with you and look forward to doing our part to do better. – BikeCo,LLC: North American distributor of Fuji Bicycles.

A post shared by Fuji Bikes (@fujibikes) on

FUJIは当面、北米の警察への自転車販売を停止し、武器として使うものではないことが確認されるまでは売らないっぽい。

自転車への愛

自転車は乗るものであって、武器ではないし盾でもない姿勢を明確にしたということですね。
まあ、開発者からすれば、激おこぷんぷん丸というところでしょうか。

プロロードレースで、メカトラブルなどがあったときに、選手がバイクを放り投げることがあります。

これについても賛否両論というか、愛車を投げ捨てるのは許せん!と感じる人も結構います。
プロ選手の場合、レース自体が自らの商売ですので、怒りを抑えきれずにバイクにぶつけてしまったということなのかもしれませんが、バイク投げはやめて!!と思う人も多いのかなと。
まあ、結構昔の話ですが、サイクリングの休憩中に〇×を投げて大問題を起こしたチームもあったのですが。
あれは犯罪レベルの話でしたし。

〇×投げにより、だいぶ評判を落としたのではないかと思うのですが、限りある命、大切に。

上で挙げた事例とは意味合いが全く違いますが、どちらにせよ、ロードバイクは大切に扱いましょうということと、目的を逸脱した使い方は、開発者がとっても悲しむよという現実です。
自転車はある意味では戦う道具ですが、戦い方によっては開発者が悲しむ。

あくまでも自転車として走るために開発者が必死になって設計して、テスト走行して試行錯誤して、修正して、やっと製品化するわけですので、開発者からしたら、やはり許せない使い方されたというところでしょうか。