BISYA(毘沙)というロードバイク。

ちょっと前になんですが、読者様から

読者様
読者様
BISYAというロードバイクが目に止まりました。
調べてみたところ、国内企業でフレームこそ中国製ですが信頼できるメーカーのものを使っており、コンポが105でお値段18万ほどです。

アフターサービスでは大手に間違いなく敵わないとは思いますが、ロードバイク単体で考えるとこのスペックで18万円はお買い得なのでしょうか。

こういう質問がありました。

BISYA(毘沙)というロードバイク

引用:https://bisya.jp/

これ、何かで前に見た気がしていたのですが、何で見たのかは全く思い出せませんw
メーカーサイトでは、

フレーム製造は、ツールドフランス出場チームのフレームも生産している中国の工場で、UCI(国際自転車競技連合)の規格を常に意識している信頼と実績のあるメーカーです。

とのこと。
フレーム重量が1200g、フォークが450gだそうですが、塗装後重量なのか未塗装重量なのかはわかりません。
未塗装重量なら、ちょっと重めかなという印象です。
越後繊維株式会社という会社さんの商品です。

こちらはフレーム製造の動画。

スペックはこうなっているようです。

フレーム 東レT700カーボン 1200g
フォーク 東レT700カーボン 450g
コンポ 105(5800系)
クランク 50-34T
スプロケ 11-28T
タイヤ KENDA700×23C クリンチャー
ホイール VUELTA 1800g
付属品 アルミフラットペダル、携帯マルチツール
重量 8.5キロ

1つ気になるとしたら、この表現でしょうか。

カーボンの生産には長けており、超有名ブランドのカーボンフレームはかなり生産されています。その工場で設計されたフレームを当店も使わせてもらいました。

https://bisya.jp/column/985

中国の工場が設計したと読めるので、この販売業者が一から設計したというわけではないのかなと。
ジオメトリを見る限りでは、レーシングバイクだと思います。

注意点

これを買うかどうかについては、デザインが気に入っていることは当然でしょうけど、メリットとデメリットを考えて買ったほうがいいかと思ってます。
メリットと言うのは、カーボン&105コンポという構成で言うなら、安いことですね。
まだ販売店は少ないようですが、それなりに名が知れたショップでも取り扱っているようなので、モノ自体はしっかりしているのだろうと思います。

で、あえてデメリットを挙げるとすると、まず一つ目。
このバイク、完成車販売ではブレーキが左右逆です。
ワイヤーの流れ重視で、左がフロントブレーキ、右がリアブレーキとなっているので、一般的に日本で販売されているロードバイクとは逆。

まあ、これについてですが、ショップにお願いすれば直してもらうことは可能ですので(工賃は掛かりますが)、大きなデメリットと言えるものではないでしょうけど、既にスポーツサイクルに乗っている人にとっては、違和感はあると思います。

次にデメリットと言えるかは難しいですが、コンポが105ですが、前モデルの5800系だということ。
今の105はR7000系なので、その前の105です。

どちらも11速ですし、5800系も評判がいいコンポだったので、これ自体はデメリットと呼べるものではないですが、最新のコンポだと期待していると間違いを起こします。

一応アマゾンでも買えるようなんですが、こちらは組み立て済み。

こちらは7部組。

こちらはフレーム単体。

こういうのはショップで買ったほうがいいと思いますが。
特に初心者さんの一台目なら、ショップ購入を強く推奨します。

こういうのがどれくらいのレベルのカーボンフレームなのかは、ちょっとわかりません。
しかし、例えばピナレロのドグマとか、ビアンキのオルトレXR4とか、そういうものと比べては当然ダメ。
安価で買えるカーボンフレームという意味では、デザインが気に入っているならアリかなと思いますが、どちらにせよ初心者さんがいきなり通販で買うのはやめたほうがいいかと。