針金刺さっててもパンクしないタイヤ。異音で気付くべきだった【失敗談】

先日ロードバイクに乗ったときに、なんか微かな異音が前輪付近からする・・・
状況から言うと、

・ペダリングと同期しない
・音はかなり小さい
・ペダリングを止めても鳴る
・速度に応じて異音の周期が変わる(速度を落とすと異音の頻度が減る)

どうも車輪の回転と同期していると感じてまして。

たぶん、ガムだろと

正直なところ、前輪タイヤにガムでも付いているんだろと思って、停車したときにグルっと見てみたけど、特に何もなく。
後輪も何もなく。

その他、センサーとマグネットの干渉なども一通り調べて、特に異常もなく。

気のせい?本当に微かな音だし、途中からは聞こえなくなったと思っていたので、何かタイヤに張り付いていたものが取れたんだろくらいにしか思ってなかったのですが。

家に帰ってきて、原因はちゃんと見つかるわけでして。

針金刺さっているし

途中で調べたときは、前輪をジャーっと回して確認しただけだったので、見逃してました。
原因はコイツの模様。

タイヤを拭いているときに、引っ掛かりで発見。
見えますかね?
タイヤが濡れているのは、ウェットティッシュで拭いているからです。

引っこ抜いてみました。

結構長い針金が、ザックリ刺さったままです。
ちなみに、パンクしてませんし、針金を抜いてもパンクせず。

スゲーな、GP5000。
ベクトランブレイカーが効いているのか。

コンチネンタルの名作タイヤと言われる、GP5000。 前作のGP4000S2も耐パンク性能は高いといわれてきましたが、2セット使ってみて、...

ずいぶん前に使っていた、ヴィットリアのオープンコルサCX3とか、余裕でパンクしましたよ。
針金で。

さらにずーっと前のパナレーサーのRACE Aとかも、針金刺さってパンクした記憶がありますが。
運が良かったのか、さすがはコンチネンタルなのか・・・

ちなみに前輪のチューブは、普通のブチルチューブです。


Continental Grand Prix (グランプリ) 5000 タイヤ

ちゃんと見たほうがいいですね

異音の性質と周期などから、タイヤに何か張り付いていると思ってました。
たぶん、ガムとかそういうものだろうと・・・

ジャーっと見て、特に何もなかったし、そのあとは異音が消えたような気がしていたのでそのまんま走行してましたが、ちゃんと見れば見つかっていたかも。
ちなみにですが、素手で針金を引っこ抜こうとすると、怪我する恐れがあるので注意。

タイヤを拭いていたときに気が付いたので、そのウェットティッシュで引っこ抜きましたが。

いやー、でもこういうの、ちゃんと見てないと危険ですね。
というより、走行中の負荷でよりザックリ刺さって、一気にパンクして爆死する可能性もあるわけで。

下りで調子乗ってスピード上げている場合じゃなかった・・・
ホント、運がよかったとしか言いようがない。

異音って、甘く見ちゃダメなんだなと、再確認しました。
一気にエアが抜けるようなパンクを下り坂でした場合に、下手すると本気で爆死するので。

こういう微かな音も、音楽聞いていたら気が付かないでしょうね。
まあ、異音に気が付いても、きちんと対処できなかったので、そういう意味では大失敗なんですが。