PVアクセスランキング にほんブログ村

CANYONの新型グラベルGrizl。Grailがあるのに??

キャニオンから新型グラベルロード、Grizl(グリズル)が発表されています。
そもそもキャニオンの場合、グラベルロードはGrail(グレイル)があるのにはて??と疑問に思うところも。

キャニオンはグラベルロードをさらに細分化していきたいということでしょうか?

CANYON Grizl

https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/adventure/grizl/grizl-cf-slx-8-di2/2968.html?dwvar_2968_pv_rahmenfarbe=GN%2FBK

こちら、キャニオンの新型グラベルロードのGrizl CF SLX 8 Di2。
Grizlにはグレードが異なる二つのフレームがあって、上位モデルがGrizl CF SLX。
下位モデルはGrizl CF SL。
この話は後述。

ただまあ、キャニオンにはGrailというグラベルロードがあったわけで、新型グラベルと言ってもどうもピンと来ない。
一体何でGrailとGrizlに分ける必要があるのだろうか?というところですよ。

答えから言ってしまうと、同じグラベルでもGrailはよりロード寄り、Grizlはよりオフロード寄りみたいなイメージ。
Grailは舗装路でもロードバイクに近い走りができるし、オフロードも走れるよというグラベルバイク。
Grizlは舗装路ではちょっとマッタリしちゃうけど、オフロード性を高めたよと見ていいかと。
それが如実に表れているのが、最大タイヤ幅。

Grail Grizl
42㎜まで 50㎜まで

タイヤ幅が太くなるほうが、オフロード向きになるのは当たり前。
ジオメトリにもこの辺りは反映されていて、Grizlのほうがリアセンター長やスタックハイトが大きくなっている感じです。

Grizl Grail
サイズ S M S M
シート長 492 522 492 522
トップ長 562 574
リアセンター長 435 435 425 425
リーチ 397 402 442 461
スタック 556 579 638 660

Grailでは二階建てハンドルが有名ですが、Grizlでは一般的なハンドル形状を採用。
ちなみにどちらも、XSと2XSは650Bホイール採用。
それ以外のサイズは700cです。

二つのGrizl

Grizlには二つのフレームがあり、上位がSLX、下位がSL。
カーボンのグレードの違いで、Grizl SLXはフレーム重量が850g、フォーク重量は430g。

Grizl SLはフレーム重量925g、フォーク重量430g。

ちなみにGrail SLXのフレーム重量は830g。

<Grizl CF SLX>

https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/adventure/grizl/grizl-cf-slx-8-di2/2968.html?dwvar_2968_pv_rahmenfarbe=GN%2FBK

SLXグレードはフレーム重量850g、フォーク重量430g。

Grizl CF SLX8 Di2 Grizl CF SLX8 1by
STI RX815(Di2) Campagnolo Ekar
クランク RX810 Campagnolo Ekar 40T
FD RX815
RD RX815 Campagnolo Ekar
スプロケ アルテ 11-34T Campagnolo Ekar, 13-speed, 10-44
ブレーキ RX810 Campagnolo Ekar
ホイール DT Swiss GRC1400 Spline db SH11
タイヤ Schwalbe G-One Bite 45mm
値段 509,000 499,000
重量 8.7kg 8.66㎏

※完成車はチューブ入り。別売りのチューブレスバルブでチューブレス化が可能。

フロントシングルモデルは、カンパニョーロのエイカー13sコンポなのがポイント。
リア13sのフロントシングルも面白そうというか、やっぱキャニオンって圧倒的に安いですよね。

<Grizl CF SL>

blank

https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/adventure/grizl/grizl-cf-sl-6/2711.html?dwvar_2711_pv_rahmenfarbe=GN%2FBU

SLグレードはフレーム重量925g、フォーク重量430gです。

SL8 SL8 1by SL7 SL7 WN SL6
STI RX810 RX810 RX600 RX600 RX400
クランク RX810 RX810 40T RX600 RX600 RX600
FD RX810 RX810 RX810 RX400
RD RX810 RX812 RX810 RX810 RX400
スプロケ アルテ11-34T SLX 11-42T 105 11-34T 10s 11-34T
ブレーキ RX810 RX810 ? ? RX400
ホイール DT Swiss G1800 Spline db DT Swiss C 1850 Spline db
タイヤ Schwalbe G-One Bite 45mm
値段 309,000 299,000 249,000 249,000 219,000
重量 9.30㎏ 9.19kg 9.54kg 9.47kg 9.81kg

GRX系コンポはちょっとわかりづらいですが、800系はアルテ相当、600系は105相当、400系はティアグラ相当。
GRX600にはディレーラーとブレーキが無いのでこういう感じになります。
10sクランクはRX600-10という品番なのでわかりづらい(RX400というクランクはない)。

まあ、約20万でカーボンフレームのグラベルロードが手に入るので、かなり安いのはキャニオンならでは。

同じグラベルロードでも、オフロード色強めなのがGrizl、ロード色強めなのがGrailだと思えばいいということになります。

個人的にはSL6の淡いブルーの漢字が結構好み。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…