そもそもパンクしているハズ・・・もう一度穴を探してみる。

無駄に膨らませて遊んでいたラテックスチューブなんですが、

ちょっと前に謎のパンクにあったラテックスチューブ。 チューブに軽く空気を入れた...

こんだけ膨らませているのですが、このチューブはパンクしていて使うことは出来ない・・・ハズ。
タイヤ内に収めて空気圧を上げると、シューシュー音が鳴ってエア漏れして入らないくせに、こういう状態ならガンガン膨らんでエア漏れもしない。

もう一回試してみることに。

たぶん無駄ですが

あれだけパンパンに伸ばしたチューブを、再度タイヤ内に収めてみます。

意外なことに、チューブが捻じれるでもなくタイヤ内に収まったw
もう少し余りが出るかと思ったけど。

けどやっぱり、タイヤ内に収めて空気圧を上げていくと、シューシューエア漏れして空気圧は上がらない。

けど前回に比べると、エア漏れ音がやや少ないような気がしないでもない。
盛大にエア漏れするので、結局は使えないけど。

とりあえずまた外して、チューブ単体に空気を送り込んでみる。

エア漏れしないんだよなぁ・・・

理由は不明ながら、圧力が高まるとエア漏れするけど、圧力が高まらない環境ではエア漏れしない。
まあ、使えないという点では何ら変わりない結果に。

黒ひげ危機一髪ゲーム

とりあえず空気が入るところまで入れていくと、あるところでチューブの膨張が進まなくなるように見える。
黒ひげ危機一髪ゲームと同じで、ポンプを押す手も震えるw

アーレンキーで軽く擦ってみても、破裂しない。

結局のところ理由はサッパリわかりませんが、エア漏れ音の発生場所はバルブ付近。
それだけは確実。
走行中にいきなりシューシュー鳴りだしたのでビックリしましたが、穴は見つからないし、こんだけ膨らませてもエア漏れしない。

穴が見つからないなんて、DTみたいな話ですよ。
穴が見つからないから違う穴に入れてみたみたいな。

結局のところ、チューブを変えてすぐだったことも考えると不良品だったのかなと思われ。
まあ高いものでもないしいいんですけどね。

バルブの右側、マジでフニャフニャです。
左側はパンパン・・・

チューブの不良品ってそんなに多いわけでもないけど、念のためダブルチューブ体制で行くことが望ましいというわけです。