PVアクセスランキング にほんブログ村

目的によって自転車が許容されたり許容されなかったり・・・???

先日書いた記事にコメントを頂いたのですが、何か最近、いつにも増していろんな方が当サイトを見ているのか、非サイクリストと思わしき方からもやたらメールやコメントが来ます。
それ自体は何ら問題ないですが、感情論としか思えないようなことも多く。

読者様
読者様
公道でトレーニングっていう発想がそもそも疑問。自転車って人力とはいえ車両で、ロードバイクともなればスピード出るでしょ?歩行者や他の車両が通行する公道でトレーニングするのって、公道を走れるレーシングカーが練習走行するのと同じですよ。危険云々以前に使用目的が不適切

目的によって変わるの??

道交法に反して信号無視するとか、逆走するとか、無灯火とかは論外なので除外します。

例えばですが、
・時速35キロ程度で、自称トレーニング中だというサイクリスト
・時速35キロ程度で、自称ツーリング中だというサイクリスト
・時速35キロ程度で、自称通勤中というサイクリスト
・時速35キロ程度で、自称配送業務中だというサイクリスト

道交法を守っているという点と、時速35キロ程度で巡行中だという事実はどれも同じです。
目的によって許容されたり許容されなかったりするのでしょうか?

車でもそうです。
・時速50キロ程度で、自称ドライブという
・時速50キロ程度で、自称旅行中という
・時速50キロ程度で、自称公道練習中という
・時速50キロ程度で、自称配送業務中という
・時速50キロ程度で、自称営業先回りという

道交法を守っていることと、時速50キロ程度で走行中という事実は何ら変わりません。

目的によって許されたり許されなかったりするという考え、理解不能です。
実質がトレーニングでもツーリング中だと言えば許されるのかな?
関係ないよねw

レーシングカーが道交法に基づいて通行する分には何ら問題ないです。
危険な走行をすれば法律で処罰されます。

いかがなものか

トレーニングという響きだけで、違法なことをしているとでも思われているのかもしれませんが、トレーニングと称して信号無視したりすればそれは非難されるのは当たり前。
トレーニングで前方不注視で事故を起こせば、それは当然非難される。

法律の範囲内でトレーニングと称して自転車に乗ることが、そんな咎められるようなことなんでしょうか?

確かに、一部ではトレーニングと称して並走したり危険走行するロード乗りもいますが、それはトレーニング自体が問題なのではなくて、道路交通法違反が問題なだけのこと。

どうにも理解しがたいですが、逆にいうと自転車については否定的にみるひともいるわけなので、当たり前のように法令遵守はしっかりすべきということなんでしょうけど。




コメント

  1. aa より:

    この方の言い分としては歩道で短距離走の練習はNG!!でも急いでるから駅までダッシュは有りなんでしょうかね。
    ロードバイクの練習で下を見てダンシングスプリントしてたら危険運転になるのでしょうから、
    いずれにせよ微妙にポイントがズレてる気がしますね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      やっている内容が同じでも、目的次第でダメになるという考えは正直理解不能ですw
      行為自体がどうなのか?という観点であればわかりますが、下手するとジャイアンの理論と同じなんですよ。
      俺はいいけどお前はダメみたいな。