PVアクセスランキング にほんブログ村

LOOK795BLADE INTERFERENCE RED MAT GLOSSYってカッコいい。

LOOKの本国ページを見ていたら、INTERFERENCE RED MAT GLOSSYというカラーが登場していたことに気がつきました。
あれ?
日本にもこのカラーってあったかな?と思って。

INTERFERENCE RED MAT GLOSSY

LOOKの本国ページによると、INTERFERENCE RED MAT GLOSSYのカラーがあるのは以下の車種。

・795 BLADE
・785 Huez
・765 Optimum+

こちらは795 BLADE。

https://www.lookcycle.com/us-en/interference-red

本国ページだと、795ってRSと非RSがあることになっているけど、日本での取り扱いはRSのみ。
赤って結構難しいカラーだと思ってまして、色味を間違うと野暮ったい。
けどLOOKの赤は絶妙にカッコいい。
読者様が乗っているピナレロの赤もカッコいいなと思って見ていたけど、ルックもいい感じ。

795 BLADE INTERFERENCE RED

ちなみに日本のサイトを見る限り、785 ヒュエズ DISC105にはブラックメタリックレッドマットがあるものの、765オプティマム+にはブルーしかない。

本国ページだと、日本では完成車販売がないものも完成車にしていたりする。

とはいえ

この時代、どこのメーカーも欲しいと思うロードバイクはなかなか手に入らないので、困っている人も多いと思う。
一年待ちなんてもはや「普通」。
LOOKも基本的には遅れ気味。

予約完売モデルもありますからねー。

LOOKって毎年、ビミョーにカラーリングを変えてくるので、カラーの好みは出会いモノとしかいいようがないけど、2023モデルってどうなるんですかね?

欲しいと思って迷っていると予約完売なんてこともある時代なので、他社の動向を見てから決めるなんてこともしづらい。
アンカーのRP9の時も、迷っているうちに予約完売なんて話はチラホラ聞きました。
RP9はロードバイクの人気ランキングを一気に塗り替えるほどのパワーがありましたが、

しばらく放置していたアンケートですが、気が付いたら3000票を超えました。 2022年モデルで最も注目のフレームブランドは、驚きのアンカー...

たぶん2023モデルについても、まだ品薄状況は続くと思う。
ロードバイク一台目を買うために半年以上待ってるけど納期不明なんて話も聞くけど、初心者さんがせっかくロードバイクを始めたいと思ってもそんな感じじゃ、なかなかツライですよね。

そんなわけで、ビビッと来たときはすぐに注文すべきなのかも。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…