PVアクセスランキング にほんブログ村

トピークのサドルレールに取り付けるリアライト、TailLux 40 DF。

トピークって、なぜか私の中ではライトのイメージが皆無でして、ポンプとサドルバッグのメーカーと勘違いしてしまう。
そんなトピークからサドルレールに取り付けるリアライトが登場したらしい。

トピーク TailLux 40 DF


要はトピークのDuo Fixerというサドルレールマウントに対応したリアライトということ。
まあ、専用のサドルレールマウントがないリアライトでも、いろいろ工夫すれば強引にサドルレールに取り付けることはできたりするけど、専用品のほうがありがたいことが多いかと。

同じくサドルレールマウントに取り付けるリアライトとして、TailLux 25 DFも。
40とはリアライトの形状が違います。


勘がいい人だろうと悪い人だろうと、数字はルーメンを表しているのだろうと予想できる単純さが嬉しい。
もちろん、製品名にある数字は最大ルーメンを意味してます。
ライト形状の違いが被視認性にどの程度関係するのかはわからないけど。

ダブル、トリプル、喜んで

法律上の話でいうならば、夜間やトンネル内ではリアライトもしくは反射板があればいいのですが、自発的に発光するリアライトと、他人の光に反応する反射板だとやっぱり違うと思う。

サドルバッグがついていてシートポストに空きがない人とか、サドルレールに取り付けるタイプは需要があるし。

夜間走行するなら、オススメはダブルリアライト。
一個点灯、一個点滅がベターです。

一応これでトリプル。

トピークにはサドルバッグに取り付け可能なリアライトもあります。
もちろん、サドルバッグに紐みたいな場所がないとダメだけど。


夜間走行時に後方から追突や接触事故が起きたり、トンネル内事故も時々聞きます。
後続車がちゃんと前見て運転しろよ!ということはもちろんなんですが、あれだけ見落とし事例が起きるということは自分自身でちゃんと目立たないと厳しい。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…