PVアクセスランキング にほんブログ村

パナレーサーは嵌めにくい?

読者様とメールしている中で、

読者様
読者様
パナレーサーのタイヤ、硬くて嵌めにくい。

最近のパナレーサー、どうなんですかね。

パナレーサーは嵌めにくい?

ぶっちゃけ、パナレーサー使っていたのがもう8年くらい前なので、最近のパナレーサーは知りません。
当時、パナレーサーのDuroは恐ろしく硬くて指がズルムケになった記憶はありますが、Aについては「やや硬」程度でさほど困らなかった記憶しかなく。

これ、リムとの相性もあるから何とも言えませんよ笑。
とりあえず嵌まったところをリムの中心に寄せて、隙間を作りながら持ち上げるしかないです。

真ん中に寄せて、遊びを作るというか。

ちなみにこれ。


リムに直角に当てて力を入れないと、リムの上で滑らせてリムを破壊することもあるらしい。
アルミリムでも、グシャっとなることがあるみたいなので、力の方向は気をつけたほうがよいかと。

パナレーサーのタイヤ、最近のはさっぱりわかりません。
Duroは硬くてズルムケになることは覚えてます。

マヴィックUSTの話

以前もちょっと書きましたが、マヴィックのイクシオンプロUSTから違うタイヤにしてみたら、脱着に難儀するし、ハンドポンプで上がらないという人は何名かいらっしゃいました。

結局、作業性だけのためにイクシオンプロに戻したとか。
イクシオンプロでも、「簡単に」ではないと聞きますが、他社タイヤよりはマシと。

チューブレスの人ってなんか大変だよなーと思ってお話を聞いてますが、作業性だけでいうならクリンチャータイヤは最強です。
性能という言葉には作業性も含むと思ってますが、チューブ入れ替えたらすぐに復旧するし、謎の白濁液も不要。

ここ数年でロードチューブレスは一気に普及しましたが、今後はどうなるのやら。