PVアクセスランキング にほんブログ村

アジリストはふるさと納税で。

まあまあ意味不明ですが、パナレーサーのアジリストがなぜかふるさと納税に登場しています。


なんでやねん。

アジリストはふるさと納税で


見たところ、アジリスト、アジリストライト、アジリストDuroとそれぞれ2本セットでふるさと納税になっています。

5万円のふるさと納税でタイヤ2本。
アジリストは税込6270円なので、2本セットだと12540円。
返礼率は25%か。

まあ、グラベルキングもふるさと納税になっている時代。
もちろんふるさと納税する人は、返礼品目当てのような不純な動機は一切なく、純粋に自治体を応援したいわけだよね!
私もアサヒスーパードライばかりふるさと納税で頂いていたことがありますが、それはたまたまスーパードライだったに過ぎない。
自治体を心の底から応援したいという、一切の邪な気持ちを排除し、かつ、自治体の発展を祈る気持ち100%でふるさと納税してましたから。


そりゃそうですよ。
応援している自治体がたまたまスーパードライだっただけで、仮にそれがキリン一番搾りだろうと応援する気持ちには何ら変わりはないのだから。
「たまたま」って偶然ですよね。
ビールが飲みたかったわけではないし、ビールを飲みたいなら買えば済む。
しかし、応援している自治体がたまたまスーパードライをくれるというので、私も固辞したものの送ってくるから仕方ない。

気持ちは受けとるべきで、断るほうがかえって失礼なんだと。

ふるさと納税の弊害

ふるさと納税が既にカタログショッピング化して久しいわけですが、例えば神奈川県川崎市の「ふるさと納税による減収分」は102億なんだそうな。

横浜市は減収分が約230億。

あんまり知られてないかもしれませんが、川崎市と横浜市の減収分を比較すると、川崎市のほうが大きくなります。

おいおい、ついに数字の大小もわからなくなったのかYo!と言われそうですが、カラクリはこう。

横浜市川崎市
減収分230億102億
地方交付税補填172.5億
減収合計57.5億102億

ふるさと納税で減収した分の75%は、国が補填します。
ただし、東京都23区や川崎市などは地方交付税不交付団体なので補填されない。

まあピンと来ない数字だし、理屈の上では減収して行政サービスが落ちるとはいえ、何ら実感することはない。
なので目先の返礼品に行くよね笑。

ふるさと納税のポータルサイトって、手数料でウハウハなんじゃないかと思うけど、中間搾取、いや宣伝効果なんかな。

ふるさとではないけど純粋に自治体を応援する気持ち100%でふるさと納税をする。
「邪な気持ちは一切ないし、純粋に自治体を応援している」と語る私は、たぶん信用できないタイプの人間です。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…