PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

LAPIERRE Pulsium SAT AllRoadが発表に。

2023年モデル
スポンサーリンク

ラピエールからPulsium AllRoadという新車種が発表されました。
エンデュランスモデルのPulsiumとグラベルロードの中間的な存在になる模様。

スポンサーリンク

2023 LAPIERRE Pulsium SAT AllRoad

Pulsium SAT Allroad 6.0 | 2023 | Lapierre Bikes

パッと見た目については、ラピエールだなぁと感じさせるシートステイがトップチューブまで伸びた独特のフレーム形状です。
そして特徴的なのはLapierre SAT(Shock Absorption Technology) 。

Pulsium SAT Allroad 6.0 | 2023 | Lapierre Bikes

シートステイの延長部分、トップチューブとシートチューブに囲まれた「小三角部」にエラストマーを配置して振動を吸収する仕組み。
低周波振動を吸収して長距離ライドでの快適性を向上させる仕組みになっているとのこと。
上下振動を主に吸収するそうな。

 

で。
Pulsiumと言っても「Pulsium ALLROAD」のほか、「ALLROAD」がつかないPulsiumもラインアップされていますが、ジオメトリをみても全く同じの様子。
そしてALLROADモデルでも「SAT」を搭載したモデルとノーマルモデル(非SAT)に分かれています。

 

まずは「SAT」モデルのPulsium SAT ALLROAD 6.0。

Pulsium SAT Allroad 6.0 | 2023 | Lapierre Bikes
フレーム、フォーク Pulsium SAT Allroad Disc thru axle UD Superlight carbon
クランク Shimano GRX RX810-2, 48-31T
レバー Shimano GRX RX810
スプロケ Shimano HG700 11-34T 11s
ホイール DT Swiss E1800 Spline23 Tubeless Ready
タイヤ TIRE WTB Expanse 32c TL Tanwal

シマノGRXの2×11。
タイヤクリアランスは35mmまで対応しています。

 

そういや、GRXって12sになるだのならないだの噂は絶えませんが、どうなるのだろう?

2023 LAPIERRE Pulsium AllRoad

次を非SATモデルのPulsium ALLROAD 5.0。

Pulsium Allroad 5.0 | 2023 | Lapierre Bikes

非SATなのでエラストマーはありません。

フレーム、フォーク Pulsium Allroad Disc thru axle UD Superlight carbon
クランク Shimano GRX RX600, 46-30T
レバー Shimano GRX RX600
スプロケ Shimano HG700 11-34T 11s
ホイール (リム)WTB ST i23 TCS 2.0 700c&(ハブ)Shimano RS470
タイヤ WTB Byway 700x34c

若干コンポのグレードが違いますが、SATモデルも非SATモデルもシマノGRXの11速。

 

日本での展開がどうなるのかはよくわかりませんが、ラピエール的には2in1、つまりは舗装路から未舗装路までのオールロードモデルということになります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました