PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

[2023]スペシャライズドALLEZがモデルチェンジ。クラリス完成車で17.6万!?

2023年モデル
スポンサーリンク

スペシャライズドのアルミバイクというと「アレー」ですが、フレームがモデルチェンジしたようです。

スポンサーリンク

スペシャライズド 新型アレー

Allez | Specialized.com
初代Allezの登場から早40年。今でもなお、最高のバイクである歴史を受け継いでいます。最新世代はクラス*最軽量となり、自信を与えるその走りは幅広いシーンに対応。パフォーマンスは過去最高で、今まで以上に多くのライダーに適した一台へと進化しま...

スペシャライズドのエントリーモデルとして長年継続しているアレーですが、フレームがリニューアル。
以前と同様にE5ランクのアルミ素材を使用していますが、フレーム重量は1375g(サイズ56、塗装済み)と軽量になっています。

 

ちなみに以前リムブレーキ版は試乗したことがあります。

タイヤクリアランスは35mmまで。

 

個人的に気になったのは溶接痕。
アレースプリントはモデルチェンジした際に、溶接箇所を従来とは異なる位置に大胆な変更をしましたが、

 

[2022]スペシャライズド アレースプリントがモデルチェンジ。
スペシャライズドのアルミロード、アレースプリントがモデルチェンジしたそうな。 ちょっと興味深い点がありまして。 2022 スペシャライズド アレースプリント アルミフレームというと、ヘッドチューブ、ダウンチューブ、トップチューブはそれぞれ別...

 

今回登場した新型アレーを見る限り、アレースプリントのような溶接箇所変更は採用されておらず、従来の溶接位置。
アレースプリントとの差別化なのか、エントリーモデルとしての違いなのでしょうか。

 

コンポ別に完成車が二種類。

ALLEZ ALLEZ SPORT
メインコンポ クラリス ティアグラ
クランク Claris R200 50/34 Praxis Alba 50/34t
スプロケ SunRace 11-32t Sunrace 11-32t
ブレーキ Tektro MD-550 Mechanical Disc ティアグラ油圧
タイヤ Specialized Roadsport, 700X30c Specialized Roadsport, 700X30c
値段 176000 253000

クラリス機械式ディスクで176000円という時代なのかと思うとなかなか厳しい気がしますが、ティアグラモデルが完成車重量約9.5kg、クラリス完成車が約10kgらしい。

そういう時代

アルミのエントリーモデルはフレームが軽量でもホイールやらパーツに引っ張られて完成車重量がビミョーになるのがオチですが、それについてはどこのメーカーでも大差ない話。
フレーム自体は軽量なので、いろいろパーツを弄ればだいぶ軽量にはなりそうな。

 

ただまあ、クラリス完成車で17.6万という数字を見ると、凄い時代になったなと驚きを隠しきれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました