PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

歩行者自転車道で、犬のリードに自転車が絡まり事故。

blog
スポンサーリンク

こういう事故は時々聞きますが…

河川敷で飼い犬と散歩していた際、近くを通った自転車が犬のリード(引き綱)と絡まった事故の影響で右腕にまひが残り、自力で動かせない状態になったとして、兵庫県尼崎市の女性が、自転車を運転した宝塚市の男性に約6900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、神戸地裁であった。後藤慶一郎裁判長は双方の過失を認めたが、自転車に慎重な運転が求められる場所での事故と判断し、約1570万円の支払いを命じた。

 

犬と散歩中の女性、そばを通った自転車にリード絡まり転倒 運転男性に1570万円支払い命令 神戸地裁(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
河川敷で飼い犬と散歩していた際、近くを通った自転車が犬のリード(引き綱)と絡まった事故の影響で右腕にまひが残り、自力で動かせない状態になったとして、兵庫県尼崎市の女性が、自転車を運転した宝塚市の男

「遊歩道」とありますが、道路交通法上は歩道ではなく、歩道等と車道の区別がない道路(2条1項1号)のようです。
いわゆる「歩行者自転車専用道路」に該当するのかと。

スポンサーリンク

具体的内容は不明ですが

自転車側に「周囲の状況を確認して安全に走行すべき義務を怠った」とした一方、女性にも「犬との距離を適切に保つなどし、人や自転車などの通行を妨害しないよう注意すべき義務を怠った」と指摘した。その上で、現場の河川敷は「散歩などで歩行者が不規則・予想外な行動を取る可能性が相応にある場所」とし、リードの操作が適切とは言い難いなどの事情を考慮しても「女性の過失相殺率は30%が相当」と請求金額を計算した。

 

犬と散歩中の女性、そばを通った自転車にリード絡まり転倒 運転男性に1570万円支払い命令 神戸地裁(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
河川敷で飼い犬と散歩していた際、近くを通った自転車が犬のリード(引き綱)と絡まった事故の影響で右腕にまひが残り、自力で動かせない状態になったとして、兵庫県尼崎市の女性が、自転車を運転した宝塚市の男

この場合、自転車は以下の義務を負いますが、

(左側寄り通行等)
第十八条
2 車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない

理屈の上では、自転車側に大きな注意義務があると言えます。
これは自転車側が「犬の存在を認識していた」という意味なのか、「犬の存在を認識してなかったこと」を問題にしているのかはわかりませんが、犬や子供は動きが不規則過ぎて読めませんからね。
サイクリングロードとかでも、小さい子供のすぐ横をロードバイクでかっ飛ばすアホを見かけますが、それは偶然事故が起きなかっただけ。

 

そもそも「安全側方間隔or徐行」ですが、今回のような場所だと事実上「安全側方間隔+徐行」にならざるを得ない。

 

女性の過失相殺率が30%と報道されてますが、過失割合を報道するのはちょっと珍しい気がします。
自転車側の過失が70%になりますが、約6900万の損害賠償請求に対し、約1570万とのことなので、損害のうち認められなかった部分が大きいのかもしれません。

 

自転車目線で書きますと、注意義務として自転車が大きいのは当然。
ただしリードについては、歩行者側にも配慮して欲しいところ。

サイクリングロード事故って多いのか?

※事故現場ではありません。

 

今回の場所は「遊歩道」とありますが、道路交通法上は歩道ではなく道路(歩道等と車道の区別がない道路)なので、いわゆるサイクリングロードと同じようなものと思いますが、自転車対歩行者の事故って時々聞く話。

 

サイクリングロードは狭い場所なので、自転車は速度を抑える、歩行者は端に寄るなど譲りあって使うしかない場所ですが、リードとチェーンが絡まったとありますが犬にも相応の牽引力が掛かったのではないかと思われ、大丈夫なのでしょうか?
そもそもリードとチェーンが絡まる状況がよくわからないけど、何がどうなってそうなるのかやや不思議です。

 

あと、狭いサイクリングロードなどを通行する際に、不安が残るなら「自転車通ります」などと声に出していいんですからね。
ベルを鳴らすのはちょっとアレですが、声に出して双方確認してから通過する方がいい場合もあります。


コメント

  1. かんな より:

    犬のリードがらみの事故、経験があります。ママチャリでしたが。
    夕暮れの細い道で人が道の真ん中に立っていたので、少し広めの方を通過しようとしました。そうしたらワイヤーみたいな細いリードで、それに気づいてフルブレーキングしました。小型犬がいました。犬は小型犬で構造物の陰に半分隠れるようにいて、停車するまでまったく認識の範囲外でしたね。
    正直、リードワイヤーは反射性のある黄色かオレンジの目立つものにしてほしいと思いました。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      私もギリギリで気がついて回避したことがありますが、意外と見えないのでなんとかして欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました