【2020モデル】ビアンキのインテンソにソラ完成車が登場!105完成車は継続で!

ビアンキの2020年モデルが発表されましたが、今回はエントリーグレードのカーボン車、INTENSOのご紹介です。

インテンソはエンデュランスロード、ロングライドモデルです。
2020年モデルでは、なんとインテンソにソラ完成車が登場します。



2020年モデル インテンソ

まず、フレーム自体は2019モデルと共通です。
2019モデルでは105完成車しかありませんでしたが、2018年モデルではディスクブレーキ完成車もあったんですよね。
で、2020年モデルのインテンソですが、何とビックリ!
ソラ完成車もあります。
これは伝説の、2018モデル、激安センプレプロソラ完成車の再来でしょうか???

2018年モデルでビアンキのセンプレプロ ソラを買った人は、正直勝ち組だと思う話。


2020年インテンソは、カラーはチェレステ、ブラックの二色展開。

もちろんワイヤーは内装です。

さて、スペックについて見ていきましょう。

105 ソラ
フレーム カーボン カーボン
フォーク カーボンwithケブラー カーボンwithケブラー
STI 105 ソラ
クランク FC-RS510

50-34

FC-R345

50-34

FD,RD 105 ソラ
スプロケ 105 11-32 ソラ 11-32
ブレーキ シマノ BR-R561 ソラ
ホイール シマノ RS100 ビアンキ手組
タイヤ ヴィットリア ザフィーロ 25c ヴィットリア ザフィーロ 25c
カラー チェレステ、ブラック  チェレステ、ブラック
定価(税別) 218,000 178,000

ちなみにハンドル、ステム、シートポスト、サドルなどは共通のようです。

2019モデルのインテンソ105が税別208000円でしたので、1万円の値上げですね。
ただし2019モデルではホイールがビアンキ手組だったのが、シマノ完組に変更されています。
RS100は最下層のシマノ完組ホイールですが、ビアンキオリジナルホイールよりは軽いです。

こちらが105完成車のブラック。

マット系のブラックですかね。
なかなか精悍な感じでカッコいい。

センプレソラの再来ならずか

インテンソのソラ完成車ということで、センプレソラが実売12万になったときの再来か??と思ったのですが、さすがにそこまでは行かないようです。
しかしカーボンフレームにソラを付けるという発想はほとんどないことなので、予算的に105が買えないという人でも、良質なカーボンフレームを味わいたいというユーザーのためになかなかいいのではないでしょうか?
コンポの差ではスピードには関係ありませんしね。
コンポの差は、変速の操作性と、ブレーキの効きが変わる程度の話です。

1点残念なのは、ソラ完成車ではクランクがFC-R345というノーグレードのタイプなのですが、これ、対応するBBがホローテック2タイプではありません。
オクタリンクBBなので、付いてくるBBもBB-ES300になっています。

シマノ BB-ES300 シェル幅:68mm(BC1.37) 113mm BB-ES300
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 107,949

ホローテック2タイプのほうが、剛性も回転性もいいのですが、ここは何が何でも定価17万円台にこだわったんでしょうかね?

センプレソラのときは、実売12万くらいで売るという珍事レベルだったのですが、実はセンプレソラも、当初の定価は16万円台でした。
それが急に、【定価、4万円くらい下げるわ】という謎のアナウンスがビアンキから出て、実売12万円台という珍事へ発展。
元々プロチームも採用したようなカーボンフレームが、ソラ付けて12万円台ですからね。
当サイトの読者様でも、買った方が多かったんです。
私も当時は勧めてました。

で、もう1つ残念なお知らせですが、どうもアルミのエンデュランスロード、IMPULSOは廃盤になった模様です。


私も乗っていたIMPULSOですが、2011年くらいに、プロチームのヴァカンソレイユDCMがパリルーベに投入したアルミフレームで、結構良かったんですけどね。
ただしグラベルロードのIMPULSO ALLROADは継続で、しかもシマノ新型コンポのGRX600を投入してきました。

GRX600は105グレードです。

ついでに軽くネタばらししますと、ロードバイクとしてのヴィアニローネは継続ですが、ニローネにグラベルロードも登場します。


話は逸れましたが、インテンソ ソラがセンプレソラの再来になるかは全く分かりませんが、お買い得な値段で、カーボンフレーム完成車が買えることには変わりないので、なかなか良さそうですね。