カーボンフレームはアルミフレームよりも常に優れているのか?

ロードバイクのフレーム素材にはカーボン、アルミ、クロモリなどがあります。
素材により特性が違うのですが、現在、最もスペックが高いとされるフレーム素材はカーボンです。

最近では10万円台のカーボンフレーム完成車も登場するようになってきましたので、一昔前よりも買いやすくなっているのは間違いありません。

よく、『カーボンが一番で、アルミはカーボンより下』という表現をする方がいますが、本当にそうなのでしょうか?

まず理解しなければならないのは、カーボンフレームと言っても様々なものがあるということです。
これはアルミでも同じ。
カーボンの素材の質を表す表現で、『○×トングレード』というものがあります。
これはカーボンの張力を表す表現で、50tグレードとか30tグレードなどと表現されます。
張力が高いというのは、変形しにくい、しなりが少ないということです。
自転車の走りに置き換えるなら、『ペダルを踏み込んだ時のフレームのシナリが少なく、パワーがダイレクトに伝わる』という状態です。
レースでは大切な要素ですね。
グレードの高いカーボンは、当然のように高いのです。
フレーム単体で40万以上とか・・・

カーボンフレームで、完成車価格18万のロードバイクがあったとします。
こういう完成車の場合、フレーム単体販売をしていないことがほとんどですが、もしフレーム単体販売していたらフレーム価格は10万円程度になります。
このクラスのカーボンフレームは質が劣るカーボン素材を使います。
フレームのシナリが大きく、踏み込んだ時のパワーが逃げる感じがします。
その反面、路面からの振動を吸収するのは得意で、乗り心地はよかったりします。

一方のアルミフレームですが、カーボンよりも根本的に安い素材です。
アルミフレームの特徴は、フレームのシナリが少ないことです。
なので踏み込んだ時のパワーをダイレクトに伝え、加速力はそこそこあるモデルが多いです。
ですが、カーボンよりも重い。重量的なデメリットがあります。
また乗り心地的には、路面の凹凸を素直に拾ってガタガタいう感触がします。

最近はカーボンフレームにも劣らない軽量化された『軽量アルミ』が各社から出ています。
キャノンデールのCAAD12なんて代表的な存在です。
軽量アルミは加速力があり、軽量ですが、カーボンフレームの振動吸収性には敵いません。
加速力だけを見たら、ミドルグレードのカーボンフレームよりも上質な走りをします。

例えば、脚力が強い学生さんが、低価格のカーボンフレームを買うと、フレームのシナリが大きすぎて進みづらいフレームになります。
そういう人は同価格帯のアルミフレームのほうが断然速く走れます。

脚力がなく身体が硬い中年男性がアルミフレームを買うと、振動がダイレクトに来て身体がつらいかもしれません。
そういう人には低価格のカーボンフレームのほうがマイルドな乗り心地で、体力が温存できる分、結果的に速く走れるかもしれません。

カーボンフレームが常にアルミよりも上位にいるわけでもないですし、軽量アルミが低価格のカーボンに必ずしも勝つわけでもありません。
結局は『乗り手との相性』です。

プロ選手でも、アルミフレームの『硬い感じ』が好きで、アルミバイクを好む人もいます。
カタログスペックだけ見てロードバイクを選ばずに、可能な限り試乗してみることも大切です。
最近はメーカーの試乗会も行われています。そういうのを活用して実際に試すことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up