スポンサーリンク

CAMELBAKボトル、洗浄方法。吸い口はオプションパーツ販売あり!?

blog

ちょっと前に書いた記事についてご意見を頂きました。

 

ストローボトルは毎回洗うことを推奨。
だいぶ前に、サーモスの自転車用ストローボトルのストローは毎回洗ったほうがいいよと書きましたが、 これ、居酒屋で働いたことがある人ならよくわかるみたいな話を書いたと思います。 なぜ居酒屋? なぜ居酒屋なのかと...

 

読者様
読者様
CAMELBAKのボトルを使ってますが、飲み口がシリコンなので、カビてくるのです。
最初は洗ってましたが、だんだん、諦めの境地に達し、多少かびててもいいや、となってます。
これ、スペアを売ってたらいいのですが・・・。

そういやどうなんですかね?

CAMELBAKの洗浄方法

blank

ボトル下部を洗うにはボトル用ブラシがあれば可能ですが、問題は吸い口。
複雑になってますが、一応は分解可能です。

 

裏は簡単に外れます。

blank

問題は吸い口部分のシリコンですが、これはシンプルに引っ張る。

blank

取ったどー!

blank

シリコンは溝に引っ掛かっているだけなので、作りはシンプルですね。

blank

取ったら優しく泡立てて洗いましょう。

 

ところで、このシリコン部分だけが販売されているのかですが、キャップ(ボトル上部)については販売されていました。


 

シャワータイプもあるみたい。
顔面に…いや何でもないです。


ブラシも販売されているみたいですが、ブラシは専用品である必要はないと思います笑。


定期的に交換するのが吉か?

糖分溢れるドリンクを入れてますし、カビやすくなるのは仕方ないけど、やっぱ気になりますよね。
ストローボトルについては、ストロー内部をきちんと洗わないとかなりヤバイです。
居酒屋経験者なら意味がわかると思いますが、ビールサーバーの洗浄をサボる店はマジでヤバイ。

 

野球場のビールの売り子さんも大変ですね。

 

サーモスのストローボトルについても、ストローだけオプションパーツ販売がありますが、このあたりは消耗品と割り切って定期的に交換するほうがいいのかもしれません。





コメント

タイトルとURLをコピーしました