【ロードバイク用ライト】GENTOS(ジェントス)閃を買ってみた。

近々、夜間にロードバイクに乗る用事があるため、ライトを購入してみました。
ライトは持っていたのですが、壊れてしまいまして。




そんな話を。

壊れたライト

元々フロントライトは二つ持っていました。
両方ともにキャットアイ。

1つはHL-EL540。
通称エコノムフォース

もうひとつはHL-EL520。

エコノムフォースを常時点灯、もうひとつを点滅にして夜間に走っていたことがあるのですが、ある時に両方ともに走行中に落下(それぞれ別のタイミングですが)。
その結果壊れまして。

エコノムフォースはこんな感じで、使用不能に。

もう一個のほうはとりあえずつきます。

ですが、ボタンを押しても消えなくなりまして、消すには電池を抜くしかないという不便さ。

近日中に某所に輪行する予定があるのですが、宿泊地に移動するのが夜間なのでライトがないとマズイ。
夜間走行と言っても4キロくらいしか走らないことが決まっているので、とりあえずなんでもいいからライトを買おうということになりました。

ちなみにですが、エコノムフォースはかなり明るいライトです。
問題点はデカイというただ一点のみ。

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト ECONOM Force [HL-EL540] ブラック エコノムフォース
キャットアイ(CAT EYE) (2011-09-16)
売り上げランキング: 7,616

この二本で夜間走行する分には、全く街灯がないところでも走れます。
それくらい明るいライトでした(過去形)。

選ばれたのはジェントス閃

前から気になっていたのがジェントス閃。
評判がいいんだか悪いんだかよくわかんないけど、やたらと売れているとかそんな話を聞くので。
なので買ってみました。

こんな感じです。
電池付きのものを購入。
単4電池とか、家にないし。

付属品などはこんな感じ。

ライト本体は手のひらに収まる小ささです。

真っ暗な部屋で明るさを確認してみました。

結構明るいです。
このように、先端を動かすとライトの照射範囲を決めることが可能です。
狭い・広いの二段階ではなく、これが狭い範囲と広い範囲の上限です。
この間なら無段階に調整可能。

ここで重篤なトラブル発生。

ホルダーがハンドルに収まりません。
この状態ではボルト止めは不可能。
ちなみに、ハンドル保護のためのゴムカバーを外しても付けられない。

もう少し外側にしたら、ゴムカバーを外していれば取り付け自体はできました。

ただし、上ハンドルが使えなくなりましたね。

コイツの役割が何度考えてもわかりません。

とりあえずもう少しステム寄りに付けたいのでいろいろ検索したところ、ライトホルダーが売られていることに気が付いたので早速購入。

この辺りの不便さは、キャットアイには勝てない模様です。

ただしキャットアイの安いライトは、本当に暗いです。
過去に持っていたことがありますが、役に立ちません。

このジェントス閃は明るさ的にはかなりよいほうなので、あとは実戦で使用してみます。

ライトホルダーを買って装着後はこんな感じです。

GENTOS閃を固定するものを買ってみた。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする