テクトロブレーキはイケてないのか?やはり105以上??




低価格の完成車についてくることがあるブレーキ、テクトロ
特にジャイアントやメリダなど、「コスパがいい」と言われることが多いメーカーでテクトロ製ブレーキはよく見かけます。

FELTやTREKなども同様です。
FELTはオリジナルのブレーキをつけていることがあり、TREKは関連会社のボントレガーのブレーキがついてくることがあります。
shimano-105-5800-brake-calliper-rim-brakes-black-br5800fl

なぜにテクトロブレーキがついてくるのか?

tsuruno4_tp_v

主な理由ですが、完成車の定価を下げるためです
シマノのブレーキに比べるとテクトロなどのサードパーティ製ブレーキは根本的に安いのです。
そのため、シマノブレーキを付けて販売するよりも、テクトロブレーキをつけて完成車として売り出したほうが完成車の定価を下げることができます

ミドルグレード以上の完成車ではシマノブレーキがついてくることが多いですが、エントリーグレードの完成車ではテクトロブレーキが結構あります。
初心者がロードを買うときに、まず気になるのは価格です。
初心者がスペックを見ても、正直よくわかりません。
そのため、初心者がロードを選ぶとき、デザインと価格だけで決まってしまうことが多々あります。
そのときに安いほうが売れるため、あえてテクトロブレーキをつけて売り出していることがあるのです。

メリダは2017年モデルから、テクトロ⇒シマノブレーキに変えてきている印象です。
個人的にはこの流れはうれしいです。

テクトロブレーキは効かないのか

tsuruetoushi12_tp_v

私の感覚的な話になってしまいますが、テクトロブレーキとトレックについてくる「ボントレガーのブレーキ」については、シマノブレーキよりもはるかに効きが悪いです
ママチャリ程度の速度でタラタラ走るだけなら関係ないでしょうけど、やはりロードバイクですから初心者でも40キロ以上簡単に出てしまいます。
個人的な感覚としては、テクトロブレーキに比べて、シマノ「105」のブレーキは1.4倍程度効きが強いような感じがします。

これについてはあくまでも感覚的な話になってしまうのですが、例えば時速40キロから止まろうとしたときに、シマノ105のブレーキならきちんと止まれますが、テクトロだとズルズル滑って止まれないような印象です。
テクトロで峠の下りとかは、全くやりたくありません。

シマノのティアグラ以下は、テクトロよりは効くような印象を受けますが、どうせブレーキ変えるなら最低限105にしておいたほうが無難だといえます。



アルテグラやデュラエースのほうがいいのか?

n811_higewoijirudansei_tp_v

もちろん、お金があるならばアルテグラやデュラエースのブレーキのほうが確実にいいです。
しかし105とアルテのブレーキ差はそこまで大きくないので、無理してアルテグラにするくらいなら105でも十分な感じがします。

デュラエースに関しては、これは別格です。感動できます。
その代わりお値段は・・・

クロスバイクについてくるテクトロブレーキはどうなのか?

max16011508-2_tp_v

クロスバイクについてくるブレーキはテクトロのことが多いですが、クロスバイクについては正直テクトロのままでもいいと思います。
これの理由ですが、ロードバイクはキャリパーブレーキというもので、これの本来の目的はスピードコントロールです。
クロスバイクについてくるブレーキはVブレーキというものですが、これは元々、オフロードを走るためにマウンテンバイク用に開発されたもので、ロードバイクのキャリパーブレーキよりもはるかに効くように設計されています。
そのため、クロスバイクのVブレーキについては、シマノでもテクトロでも大きな差にはなりません。
むしろ、テクトロでも十分すぎるほど効きます。

これがキャリパーブレーキで

シマノ105ブレーキ WIGGLE

これがVブレーキです。

シマノXT Vブレーキ WIGGLE

ただし、Vブレーキは構造上、片効きが起こりやすいのですが、シマノに比べてテクトロのほうが片効きになりやすい気がします。
ブレーキコントロール性はシマノのほうがいいので、調整が面倒だとかコントロール性を求めるならシマノに変えるのもアリです。

これらの理由から、ロードバイクでシマノ以外のブレーキだったら、即座に105に変えることをお勧めします。
ウイグルなら一個3000円台で買えますし。


シマノ105ブレーキ WIGGLE




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up