輪行袋に入れるとき、スプロケは内側?外側?フレームを守るのか?人を守るのか?

前後輪外すタイプの輪行袋への入れ方について質問をいただきました。

前後外すタイプの輪行袋にホイールを入れるときのことで質問です。
フレームの両側にホイールを付けますが、その際の後輪の向きについてです。

ずっとスプロケは内側(フレーム側)に来るようにするのが正解だと思っていましたが、某サイトでスプロケを外側にすればスプロケカバーは要らないし、フレームが傷付かないと書いてありました。
スプロケが内側、外側、どっちが正解なのでしょうか?

回答いたします。

スプロケが内側に来る意味

私はスプロケは内側、つまりフレーム側に来るべきと考えます。
理由ですが、万が一歩行者と接触した場合、スプロケが凶器になりうるというか、怪我をさせる可能性があるからです。


スプロケ、不意に当たったら痛いですよね。
いくら輪行袋で覆われていても、これじゃ凶器と変わりません。
痛!!で済めばいいですけど、引っ掻き傷みたいにもなる可能性はあります。

(すみません、クイック抜き忘れで撮影してしまいましたが、実際にはクイックも抜きます)

で、スプロケが内側に来た時にはスプロケとフレームが接触する可能性があります。
それを防ぐためにスプロケカバーやフレームカバーがあるわけで、またフレームに傷がつかないように配置を考え、なおかつ動かないようにしっかり固定すればいいだけの話です。

スプロケカバー被せて、

フレームカバー付けて、

こうすればフレームに傷はつかないかと。

もちろん、しっかりと固定して動かないようにすることが大切です。

私の知る限り、スプロケを内側にすることを推奨していることが多いように思いますが、これについては特に強制力があるわけでもないので、外側にセットした人がいてもおかしくはないかと。

ただ、モラル的には内側にセットすべきかなと思います。

もう一つ書くと、輪行袋に入れるとき、フロントギアはアウターにしておくのが鉄則です。
理由ですが、アウターチェーンリングにチェーンが乗っていれば、チェーンリングでケガする可能性が減るからです。
チェーンリングは歯がトゲトゲしていますが、チェーンを被せておけばとりあえずは怪我しにくくなりますよね。
チェーンリングの歯が曲がったりするのを防止する役目もあると思いますし。

アウターチェーンリングが剥き出しじゃ、引っかけたら痛いですよね。

ついでに念のため書きますが、スプロケが外側に来るのを【外出し】とは呼びませんし、スプロケが内側に来ることを【中出し】とも呼びません。

ワイヤーの時とは違いますので、十分な警戒と注意が必要です。

ワイヤーの内装と外装、どっちがいい?性能は変わる??【質問いただきました】

あとは考え方の問題

要はフレームを守るのか、人を守るのかという価値観の違いなんじゃないでしょうか?

たぶんですがスプロケ外側派の意見としては、【人に当たらないように注意している】という意見が出るかと予想します。
これは当たり前の行為で、スプロケが外側だろうと内側だろうと、人にぶつからないように歩くのは当然のことです。
せっかくの愛車にぶつかられて、嫌な気にならない人はいないでしょう。

なのでスプロケが外側に来るような輪行袋の入れ方はダメです。

ただだからといって100%人との接触を避けることが可能かというと、そうではありません。
不意に子供が走ってきてぶつかることもあるでしょう。

ずいぶん前にビックリしたことがあるのですが、平日の夜に特急で輪行しなくてはならない用事があり、ホームで並んで待っていました。
並んでいたといっても4、5人くらいです。

いざ特急が来て特急に乗ろうとしたときに、後ろにいたオバチャン二人組が並んでいる人を押しのけて割り込んできたんですね。
その結果、私の自転車に体当たりです。

この場合、オバチャンが悪いのは明らかなんですが、万が一ケガをした場合に、こちらにも過失が生じる可能性はゼロではありません。
スプロケみたいな凶器になりうる突起物のせいでケガした!!と騒がれた場合に、そんな危ないものを持ち込むほうが悪いとか、危ないものをきちんと保護していなかったとか、危ないものを回避する努力を怠った(要は内側にスプロケを向けていなかった)などと主張された場合に、こっちが不利になる可能勢はゼロではないんですね。

こんな事態にあったら、もう誰が被害者なのかわからなくなるのですが、トラブルを避ける努力はしておいたほうがいいと思います。
なのでスプロケは内側(フレーム側)のほうが正解でしょう。

頭がおかしいやつもいます

昨年11月に大落車&骨折したときのことなんですが、確か東海道線の国府津から輪行で帰ることにしました。
その時は平日の16時くらい、ホームにいる人はせいぜい10~20人ちょっとという感じでした。

輪行袋に入れたロードバイクを、邪魔にならないように壁に立てかけておいたのですが、なんか頭がおかしい雰囲気が出ているオニーサンが近寄ってきたと思ったら、なぜか勝手に輪行袋を触り出したんですね。

はぁ?と思って【触らないでもらえますか?】と言ったところ、ニヤニヤしながらよくわからない言葉を発するだけで、一向に触るのをやめる気配もない。

こっちはケガしているので構いたくもなかったのですが、嫌な予感がして駅員さんの近くまで移動しました。

この話で何を言いたいのかというと、世の中には輪行を快く思っていない人もいますし(邪魔だ、など)、頭がおかしい人もいますし、わざとぶつかってくる人もいます。
そういう人の特徴ですが、わざとぶつかってきてケガしたとか騒ぎ出すようなクズもいるということです。

そういう時、普通に考えればこっちは被害者です。
ですがそういうときにスプロケが外側を向いていて、そこにヒットして勝手に怪我されたとき、安全注意を怠ったなどと主張されるとこっちが不利になりかねないこともあるということです。

ここまで考えるのは考え過ぎなのかもしれませんけど、私は周りの人と自分自身を守るためにスプロケは内側派です。

スプロケカバーして、ちゃんと固定すればフレームに傷はつきません

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行アクセサリー [フリーカバー] 小サイズ ロード用
オーストリッチ(OSTRICH) (2012-03-09)
売り上げランキング: 4,917

スプロケカバーって、別売りでしたっけ??
私が持っているオーストリッチのものには付属してきたような思い出があるのですが、かなり前の話なので詳しくは覚えていません。

で、別売りで買っても、別に高いものではありません。
というより、専用品である必要性もなく、軍手でも代用できます

スプロケカバーを持つと重くなるとか軽量化のため、というのは誰が聞いてもおかしな話だと思いますし(10gくらい??)、横着せずに持っていたほうがいいと思いますけどね。

あと、フレームに傷が付く理由ですが、固定が甘いからです。
例えばなんですが、固定が苦手な人に大人気な商品がありまして、こういうものです。

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本) 34633
マルト(MARUTO) (2013-07-01)
売り上げランキング: 915

これですが、ゴムになっています。
フレームとホイールを固定するとき、輪行袋付属のものはベルトみたいになっていると思います。
このタイプだとゴムになっているので、回して引っかければそれで完了するので便利なものです。

ただし便利さと引き換えに、固定自体は甘くなります
ゴムですので当然伸びます。
なのでわずかですがガチャガチャ動くんですね。

傷が付く理由はこういうガチャガチャなのですが、こういうパーツは便利な一方、固定が甘くなるのはしょうがないです。

私の場合ですが、固定用のベルトのバックルみたいな部分は使っていません。
普通にロープのようにガッチリと結んでしまいます。
取るときは大変なんですが・・・

スプロケカバーを付けて、スプロケをフレーム側にセットして、それでも傷が付くのは固定が甘いからです。
フレームカバーも使えばフレームに傷はつかないですし、私は内側派ですね。
というより、内側にすべきなのではないでしょうか?

私はスプロケ中出し派ですが、スプロケ外出し派の人のフレームを守りたい気持ちもわからなくはないです。
ですが周囲の人の安全とかを考えた場合、スプロケは中出ししたほうがいいでしょう。
ただしスプロケを中出しして何も被せていなかった場合、フレームが傷つきます。
傷つく人を見たくはないので、きちんと被せるものは被せたほうが安全ですし、日本男児の誇りとして中出しスプロケを推奨します。

ただ、強制力がある話ではないので、他人がやることに文句を付けることもできません。
なのでこの問題については、フレームを守るのか、人を守るのかという価値観の違いなんじゃないかと思います。

ですが他人にどっち??と聞かれた場合には、内側にしないとダメだよと注意します。

皆さんそれぞれ考え方はあると思いますが、生外出し派の人を見かけたら【男なら、被せたらあとは黙って中出し】とアドバイスしてあげてください。

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行アクセサリー [フレームカバーC] 4枚セット ブラック
オーストリッチ(OSTRICH) (2014-07-01)
売り上げランキング: 7,974
OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [ロード320] ネイビーブルー リア用エンド金具(旧)付属
オーストリッチ(OSTRICH) (2011-05-16)
売り上げランキング: 52,617




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする