5600のブレーキとR7000ブレーキって結構違いますか?【質問いただきました】

5600(105)のブレーキと、R7000(105)のブレーキの違いについて質問を頂きました。

R3000ソラ完成車を買ってまだ半年なのですが、ブレーキの効きがイマイチなので105のブレーキに換えようと思ってます。
R7000ブレーキを買おうと思っていたところ、会社の先輩から古い105だけど5600のブレーキ余っているから安く譲ろうか?といわれました。

そこで質問なのですが、5600とR7000だと、差はありますか?
あまり変わらないようなら5600にしようと思ってます。





回答いたします。

単純に性能差を比較できない理由

5600とR7000のブレーキについてですが、単純に比較することが実は難しいのです。
というのも、あるところからシマノの場合、ブレーキのワイヤー比が変わっているからです。

ワイヤー比が変わる前を旧型、変わった後を新型と定義すると、各コンポの変わり目はこうなります。

旧型 新型
デュラエース 7800以前 7900以降
アルテグラ 6600以前 6700以降
105 5600以前 5700以降
ティアグラ 4500以前 4600以降
ソラ 3400以前 3500以降

で、ここからが本題ですが、

・新型STI+旧型キャリパーブレーキ ⇒ 本来の制動力の75%しか発揮されません。
(シマノは禁止にはしてませんが、お勧めしないとしています)

・旧型STI+新型キャリパーブレーキ ⇒ 本来の制動力の125%になり、簡単にロックしてしまうためシマノは禁止にしています。

今回の例でいうと、質問者さんはSTIがR3000(新型)ですので、旧型の5600ブレーキを組み合わせてしまうと、今使っているR3000ブレーキよりも効かなくなります。
なのでR3000のSTIを使うなら、R7000ブレーキじゃないと変える意味がありません。

互換性はややこしいので

なぜシマノが急にブレーキのワイヤー比を変えたのかというと、一説によるとスラムのせいとも言われています。
スラムはコンポメーカーとしては後発ですが、とにかくシマノとの互換性を重視して作っていました。

そのため、昔はブレーキだけスラムということも可能だったのですが、シマノとしては面白くなかったんでしょう。
マジあいつらウゼーみたいな感じですかね。
ぶちきれてワイヤー比を変えて、スラムとの互換性をなくしたのではないかと言われています。

そういういろんな歴史もあって、古いコンポとの互換性というのは、ちょっと難しいのです。
105だからソラよりいいだろうと思って古い105を買うと、今よりもブレーキの質が落ちる結果になります。

安く買えるというのはメリットでしょうけど、今回の質問者さんには5600ブレーキを買うメリットは全くありませんので、素直にR7000ブレーキを買うことをオススメします。

シマノ(SHIMANO) BR-R7000 F/Rセット ブラック IBRR7000A82L
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 9,585




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする